nissan

新型コロナ影響で、悲惨な状況だと言える日産の経営状況。内田CEOのインタビューとゴーン氏が話していることを比較して見えてきたこと。
1回目の逮捕からベイルートの会見までー。海外からの目線はどう変わっていったのかー。
2019年7月末 グランド ハイアットのレストランで保釈中のゴーン被告に会った、エーデルスタイン氏。日本に詳しい調査報道記者である彼は、ゴーン被告に何を伝えたのか。
これまでも森法相は、日本の司法制度を批判する社説を掲載した米紙に反論を寄稿している。
私は昨年11月から12月にかけて、ゴーン氏に直接インタビューし、その内容を含む著書を4月に予定されていた公判までに出版する予定になっていた。
日本メディアの質問に直接応じるものではなく、ゴーン被告が会見をコントロールする状況は変わっていない。
日本メディアで出席が許されたのは、朝日新聞社、テレビ東京、小学館の週刊ポストなど合同取材班など数社だった。
震災が起きた当時、会議で訪問中だったフランスから真っ先に日本に帰国したなどと語りました。