はじめてのSDGS
2019年04月22日 16時16分 JST | 更新 2019年04月22日 18時40分 JST

私は「教科書の中の人」ではない。アイヌの血を引く大学生、新法成立に対する思い。

「日本人として生きている自分がいて、アイヌとして生きている自分がいます」。

もしかしたら電車で隣に座っている人がアイヌかもしれない。
そうだとしても、自分と「違うもの」だと身構えずに、自然と受け入れて欲しいーー。

そう語るのは、アイヌにルーツを持つ慶應大学二年生の関根摩耶さんだ。

アイヌは主に北海道に住む少数民族。今、このアイヌに注目が集まっている。

4月19日、アイヌを法律上初めて「先住民族」と明記した「アイヌの人々の誇りが尊重される社会を実現するための施策の推進に関する法律」(以下、アイヌ新法)が成立した

アイヌ新法では、アイヌへの差別禁止が明記され、アイヌ文化継承や観光振興などにつながる事業を行う市町村へ、交付金制度が設けられた。

ハフポストのネット番組「ハフトーク(NewsX)」に出演した関根さんは、自身のこれまでの経験やアイヌ文化の魅力、そして「アイヌ新法」への思いを語った。
【文・湯浅裕子/編集・南 麻理江】

ハフポスト
関根摩耶さん

アイヌ語を話すおばあちゃんの口元。

北海道平取町(びらとりちょう)二風谷(にぶたに)という小さな町で育った関根さん。二風谷は、人口の7~8割がアイヌ民族の血を引いていると言われており、「アイヌ」がマジョリティの環境で育った。

関根さんは、母親がアイヌの血を引いていることから、アイヌ文化に触れて育った。日本語を母語としながらも、傍らには常にアイヌ語があった。

そんな関根さんが、今でも強く印象に残っているシーンがある。

《小さい頃、むっちゃんと呼んでいたアイヌ文化の伝承者と言われている中本ムツ子さんから、千歳にある彼女の自宅でよく物語を聞かせてもらっていました。状況はあまり覚えていないのですが、むっちゃんのアイヌ語を話す口元だけがぼんやりと、でも強く印象に残っています。むっちゃんの思い出は、私にとって大事な思い出であり、温かい思い出です。》

アイヌは、文字を持たない民族と言われている。現在では、カタカナやアルファベットを用いて表記されるアイヌ語だが、それまでの術は、口伝えだ。アイヌは多くの物語を持ち、子や孫へと伝承してきた。 

二風谷の風景(関根摩耶さん提供)

アイヌ民族は「教科書の中の人」

その後、札幌市内の高校に進学。生まれ育った二風谷を出ると、アイヌの血を引く関根さんはマイノリティになった。

《家族から話は聞いていましたが、大人になるにつれて、アイヌの人たちが差別や偏見の対象となっていることを意識するようになりました。自分が直接いじめを受けていなくても、アイヌじゃない人たちが多い中では、次第にアイヌであることに引け目を感じるようになっていきました。》

アイヌは長きにわたって、結婚や就職などの際には根強い差別や偏見に晒されてきたと言われている。関根さんは、それまで何も思わなかった自分の出自について、周囲に隠すようになった。同時に、周囲のアイヌに対する考え方に違和感を募らせるようになっていったという。

《学校の教科書でアイヌの話が出てきても、アイヌは「教科書の中の人」「歴史の中の人」という雰囲気が教室中にあって、違和感を感じていました。アイヌの血を引いている自分が同じ教室にいるのに、いないみたいに扱われていると感じました。私自身も、そういう時はなるべく教室の中で目立たないように意識していました。》

アイヌの血を引く人たちの中には、自らの出自を隠して生活している人も多くいると言われている。関根さんも、同じだった。

 

 

「アイヌってかっこいいじゃん!」がきっかけに。

自分の出自に対してモヤモヤを抱えたまま過ごしていた関根さん。高校3年生の時、友達との何気ない会話の中で、自分がアイヌであることを口にした時だった。

《友達に「私アイヌなんだよね」ってポロっと言ったら、「えっ!いいね!かっこいいじゃん!」と言われたんです。「自分の守りたいものがあるっていいじゃん」とまで言ってくれた人もいて。みんな偏見を持っていると思っていたので、正直、驚きました。同世代の人たちは意外と偏見がないんだなと思いました。同時に、アイヌを知らない世代なんだなって思いました。》

関根さんは、アイヌ文化やアイヌ語など、自分の根源となっている「アイヌ」に対して誇りを感じるようになった。自分に自信が持てるようになったことで、自然と自分の出自についても周囲に素直に話せるようになっていったという。

アイヌについて知らない世代が多いからこそ、ネガティブなことだけを伝えるのではなく、自分が思うアイヌ文化の良さを伝えていきたい。使命感のようなものが生まれていった。

アイヌ文化は日本の魅力のひとつ。

関根さんはその後、慶應大学に進学。今では、日常生活でもアイヌ語を話すという。

《大学では、友達といる時にアイヌ語を話すこともあります。例えば、「良い」という意味の「ピリカ」(※リは小文字)というアイヌ語があります。かわいいと思った時には「ピリカ!」って言ったりしますね。相手が言葉の意味を知らなくても、言葉は自分のものなので、自分がその言葉を使いたい時に使うようにしています。》

アイヌ語は、アイヌの文化が反映されているからこそ残していくべき言語だと関根さんは話す。

《例えば、「こんにちは」という意味の「イランカラプテ」(※プは小文字)というアイヌ語には「あなたの心にそっと触れさせてください」という意味があると言われています。アイヌ民族は、人に対して想いを伝える民族だなと感じていて、それが言葉にも表われているんです。そういった言葉の深い意味を知ると素敵だなって思いますし、知れば知るほどハマっていきます。アイヌ文化を伝承していくという意味でも、残す必要のある言語だと考えています。》

アイヌ民族の持つ、相手を大事に敬う文化。これは、人に対してだけではなく、物に対しても同様だという。

《例えばコップは、人間が手にずっと水を貯めておくことができないことを、代わりにやってくれているという考えから、魂が宿るものとして大事に敬うようにしています。だから、物を大切に長く使います。これは世界から見ても大切にして良い文化なんじゃないかなと思っています。》

関根さんは、そんなアイヌ文化の魅力を、等身大のスタイルで伝え続けていこうとしている。アイヌ語のラジオ講師を務めた経験もあり、平取町内を走る路線バスでは、アイヌ語での車内放送を担当した。最近では、アイヌ文化を伝える新たな活動としてYouTubeでの発信も始めた。

《日本人として生きている自分がいて、アイヌとして生きている自分がいます。自分にたくさんの色を与えてくれているのが、アイヌ文化です。ですが、まだまだアイヌであることを誇れる時代ではないと感じています。現代に合った方法で、私だからこそ残せるアイヌ文化を発信していくことで、みんなが自分の考えるアイヌを発信できるようになったらいいなと思っています。》

《海外の人が日本に来た時に、日本の伝統的なものや地方の文化のものがたくさんあった方が魅力的だと思っていて、そのためには、まずは自分たちの文化の魅力に気付いて、発信していく必要があるんじゃないでしょうか。その日本の魅力を伝える一部にアイヌがあっても良いんじゃないかって思っています。》

関根さんの横顔には、アイヌを誇りに思うと同時に、日本への誇りが滲み出ていた。

 

ハフポスト

 「アイヌ新法」はあくまで第一歩

そんな関根さんに、今回の「アイヌ新法」について率直に意見を聞いてみると「正直、法律については良し悪しをジャッジできる立場にはないのですが・・・」と前置きして、こんな風に語った。

《私はこれがスタートになればいいなと思っています。いかにアイヌの人たちと、アイヌではない人たちが、共に素晴らしいところを認め合って日本を盛り上げていけるか。その第一歩だと思っていますので、私はアイヌ新法をポジティブに捉えています。》

《これってアイヌに限った話ではないと思うんです。日本にはいろいろなアイデンティティを持っている人がいます。自分とは違うアイデンティティを持つ人をお互いに認め合って、生きやすい社会にしていきたいです。》

 

北海道が実施した調査(平成29年)によると、北海道には1万3118人のアイヌ(※1)がいるとされている。

2007年の国連決議で「先住民族の権利に関する国際連合宣言」が採択されて以降、世界中で先住民族への配慮を求める動きが進んでいる。リオデジャネイロやバンクーバーなど過去の五輪では、先住民が開会式に登場した。

東京オリンピック・パラリンピックの開会式では、アイヌ民族の文化を披露しようという動きが出ている。2020年4月には、北海道白老町にアイヌ文化発信の拠点として「民族共生象徴空間」がオープンする予定だ。

東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年には「訪日外国人旅行者4千万人達成」の目標を掲げている日本政府。今回の「アイヌ新法」成立は、民族と共生する社会を世界にアピールする狙いがあるとみられている。

今後の関根さんの活躍に注目したい。 

(※1)地域社会でアイヌの血を受け継いでいると思われる方、 また、婚姻・養子縁組等によりそれらの方と同一の生計を営んでいる方。