PROJECT
2021年03月16日 16時51分 JST

【Podcast】Z世代は今の資本主義をどう見てる?

コモンズ投信株式会社取締役会長 渋澤健さんと、環境活動家の露木志奈さんがゲスト。資本主義の現在と未来について聞きました。

ハフポスト日本版

SDGsの推進には、企業のコミットが不可欠です。しかし、SDGsの推進には、さまざまなジレンマや課題も...。

ハフポスト日本版の『SDGsを仕事に活かす』では、ナビゲーターの平原依文さんと共に、SDGsの難題や、社会課題に挑んでいるゲストにお話を伺っていきます。

今回は、ESG投資などに詳しいコモンズ投信株式会社 取締役会長の渋澤健さんと、21歳の環境活動家・露木志奈さんをお迎えして、資本主義の現在と未来について話を聞きました。 主なトーキングポイントはこちら。

・資本主義は、限界を迎えている?

・大量生産大量消費のサイクルは限界に。一方で消費しないと経済は成り立たない…。

バブル崩壊後に生まれたZ世代にとって、好きなものを好きなだけ買ったり、新しい商品が世に出ては忘れられる“速すぎる“社会経済システムは、そもそもピンとこないものなのかもしれません。

資本主義は今後どうなっていくのか。SDGsの根本を問い返すことも忘れずにいたいですね。

エピソードは、様々なプラットフォームから聞くことができます。