「動物に対する敬いのない笑いは認められない」日テレ『スッキリ』のペンギン池落下問題で、動物園水族館協会が声明

3月24日放送の情報番組『スッキリ』で、那須どうぶつ王国のペンギンの池にタレントが落ちた問題について声明を出しました

日本テレビの情報番組『スッキリ』の生中継で、出演したタレントが那須どうぶつ王国のペンギンの池に落ちた問題について、 公益社団法人「日本動物園水族館協会(日動水)」が声明を出した。

声明で、日動水はマスメディアに協力するのは「広く人々に動物たちや命の大切さを知り学んでいただき、さらに生物多様性や地球環境の保全にも関心を向けていただくことを望んでいるからです」と説明。

その上で、動物に対する敬意が欠如した行動は認められないと訴えた。

「今回の番組内容は、そのような目的に合致したものとはとても思えません。動物園の動物に対する安全面や衛生面への配慮が欠落しており、現在、日動水が積極的に取り組んでいるアニマルウエルフェア(動物福祉)にも反していると感じられるからです」

「笑いやバラエティーは人間社会にとって必要なものでしょう。しかし、動物に対する敬いの気持ちを忘れて単に笑いの対象とするような行為は日動水として認められないものです」

ペンギンのイメージ画像
ペンギンのイメージ画像
Takuya Kabe / EyeEm via Getty Images

どんな問題だったか

問題になったのは、3月24日に放送された『スッキリ』の那須どうぶつ王国からの生中継だ。

この中継で、ペンギンたちに餌を与えていたオードリーの春日俊彰さんが突然足元から池に落ちた。

池の中は複数のペンギンがおり、乱暴に入ってきた春日さんに驚いたように水から飛び出したり、慌てて逃げたりした。そしてその様子や、「絶対ダメでしょう」と言いながらも手を叩いて笑うスタジオの様子が中継された。

この放送の後、那須どうぶつ王国は「誠に遺憾であり、テレビ局側に厳重に抗議した」というメッセージをSNSに投稿。

今後の取材ロケについては「動物の尊厳を傷つける様な行為が無いように厳しく対応してまいります」と述べ、謝罪した。

一方、スッキリの公式サイトは24日、「動物がいない池に入る可能性があることは事前に打合せしておりましたが、本番ではペンギンのいる池に入ってしまう放送となりました」と説明。池への落下について、当初の予定とは異なる展開だったの認識を示した。

その上で「動物への安全配慮が不足しておりました。改めて那須どうぶつ王国および視聴者の皆様にお詫び申し上げます」とつづった。

動物への配慮がなされていない番組制作には協力できない

24日の中継では、番組MCの加藤浩次さんの春日さんへの声かけが、池への落下を煽るようなものだったことも、問題視されていた。

加藤さんは27日の『スッキリ』の放送で、今回の問題の経緯を説明するとともに、「春日くんが落ちなきゃいけない状況にMCとしての僕が追い込んでしまったという部分もある」と、反省を口にした

 その上で、「視聴者の皆さんが見ていて危ないと思ったり、不快に思ったということが実際にあったと思います。そこに関しても僕も謝罪しなきゃいけないし、僕自身も番組のMCとして配慮が全く足りなかったなと思います。それに関しては、番組をご覧になった皆さん、不快に思われた方々、本当に申し訳ありませんでした」と述べて、頭を下げた。

ペンギンのイメージ画像
ペンギンのイメージ画像
Takuya Kabe / EyeEm via Getty Images

那須どうぶつ王国は24日に「ペンギンたちは元気です」と報告しており、今回の池落下で大きな怪我はなかったとみられている。

しかし、動物に危害をもたらしかねない今回の行為に対して、SNSなどでは「命を軽く見過ぎ」など、多くの批判が投稿された。

日動水は27日の声明の最後で「動物への多様な配慮がなされていない番組制作に積極的な協力を行う意思は、これまでも今後も日動水ならびに日動水加盟園館にありません」と伝えている。 

注目記事