スーパーボウルで手話通訳をした大学生「ゾクゾクする」ほどすごいパフォーマンスが脚光浴びる

スーパーボウルのハーフタイムショーで、リアーナのステージを手話でパフォーマンスしたジャスティナ・マイルズが脚光を浴びている

「なんて素晴らしいパフォーマンスなんだ」――2月12日に開催されたNFL・スーパーボウルのハーフタイムショーで、ある大学生のアメリカ手話(ASL)が脚光を浴びた。

彼女の名前は、ジャスティナ・マイルズ。  

リアーナのハーフタイムショーの他、シェリル・リー・ラルフが歌った『Lift Every Voice and Sing(リフト・エブリ・ボイス・アンド・シング)』の手話も披露した。

ジャスティナ・マイルズ、どんな人?

ハーフタイムショーで女性が手話をするのは、マイルズが初めてだ。さらにスーパーボウルでパフォーマンスをした最初のろう者の黒人女性でもあり、歴史に新たな1ページを加えた。

マイルズは、フィラデルフィア州出身の20歳。 全米ろう者協会によると、現在メリーランド州にあるボウイ州立大学で看護を学んでおり、チアリーダーもしている。

また、2022年に開催されたデフリンピックチームの陸上女子4x100リレーにアメリカ代表として出場し、銀メダルを獲得した。

マイルズの手話が注目されたのは今回が初めてではない。これまでもリル・キムの『Crush on You』などの手話がTikTokで話題になってきた。

 ハーフタイムショーのパフォーマンスの後、SNSには「素晴らしいパフォーマンスだ」「エネルギー溢れるASLパフォーマーのジャスティナ・マイルズ、すごく好き」などのコメントが投稿された。

黒人の国歌とも言われる『Lift Every Voice and Sing(リフト・エブリ・ボイス・アンド・シング)』をASLで歌うジャスティナ・マイルズ
黒人の国歌とも言われる『Lift Every Voice and Sing(リフト・エブリ・ボイス・アンド・シング)』をASLで歌うジャスティナ・マイルズ
Rob Carr via Getty Images

さらに、今回のスーパーボウルでは、 映画『コーダ あいのうた』 でアカデミー賞助演男優賞を受賞したトロイ・コッツァーがアメリカ国歌を手話で担当。

また、アリゾナ州出身のネイティブアメリカンでろう者のコリン・デニーが、『America the Beautiful(アメリカ・ザ・ビューティフル)』をASLと北アメリカ先住民手話を交えて歌唱した。

『コーダ あいのうた』でコッツァーと共演した俳優のマーリー・マトリンは、3人のパフォーマンスを見て「ゾクゾクした」と述べている。

「彼らは手話の美しさを世界に伝えました。彼ら全員に拍手を送ります。 ジャスティナ、コリン、トロイ、全員がスーパースターです」

 「彼らの素晴らしいパフォーマンスに皆さんのサポートをお願いします。彼らは手話でパフォーマンスができるということを世界に示しました」

ハフポストUS版の記事を翻訳・編集しました。

注目記事