shuwa

東京パラリンピック開会式の中継では、手話を用いた放送も実施されます。
「手話通訳士」として活躍する岡田直樹さんに、CODA当事者としての歩みや、手話通訳士としての葛藤、やりがいについて話を聞いた。
2020年6月にオープンしたスターバックスコーヒージャパンが運営する「サイニングストア」。手話が共通言語のこの店で働くひとりの聴覚障害スタッフにインタビューした。
コロナ対策で私語禁止の給食中、「手話で話す」取り組みを始めた小学校。ネットでは肯定的な意見が多い中、「美談にしている」との声も。導入したのはなぜ?大分県別府市教育委員会に聞いた。
沖縄県の玉城デニー知事が記者会見の開始前、手話通訳者に向けて「ありがとう。よろしくお願いします」と手話で伝えたことが、Twitterで反響を呼んでいる。
透明マスクを着けた通訳者が登場した会見の映像を見た聴覚障がい者からは「着けてくれてありがとう」などと予想以上の反応があったという。
神奈川県の提案を受け、「やまゆり」は日本手話研究所により標準手話として2020年2月に登録された。手の動きを説明する動画も同研究所ホームページに載っている。
耳の聴こえない両親を持つぼくは、ひとつのnoteに出会った。そこには難聴という診断を受けた息子への思いが綴られていた。
石原会長は「こんなにうまくいった例はなかなかない」と評価している。
大人になったぼくは、同じ境遇に生まれ育った「CODA」に会ってみたいと強く思うようになった。
「全員耳が不自由な人のカフェを作って、彼らだって働けるということを証明したかった」
アプリ開発者の青木秀仁さんは、フリーランスのエンジニア兼プロミュージシャンというユニークな肩書きを持つ。そんな青木さんがなぜ障害者支援に関わることになったのか。
PRESENTED BY エン・ジャパン
地元バージニア州リーズバーグのスターバックスに週に3回通っているというイビー・ピラチャさん。そんな彼の日常に変化が訪れようとしている。
ろう×LGBTアクティビストDeaf-LGBT-Centerの山本芙由美さんに手話表現を監修いただきました。
世間では仕事始めということで、今朝は斉藤りえ区議とともに地元十条駅でご挨拶を行いました。