NEWS
2020年10月08日 17時50分 JST

台風14号による交通機関への影響は? 太平洋側ほど影響大

新幹線には大きな影響はない見込みです。

2020/10/08 12:17 ウェザーニュース

台風14号の影響により、各地の鉄道や高速道路、航空などの交通機関にも影響が出るおそれがあります。

ウェザーニュース交通気象センターから8日(木)発表の気象による影響予測をお伝えします。

<鉄道>在来線で遅延や運転見合わせの可能性

ウェザーニュース
鉄道への影響予測

台風14号の影響で、9日(金)以降は九州から東北の太平洋側を中心に雨・風が強まります。

そのため、太平洋側の在来線の一部路線で運転見合わせとなる可能性があります。新幹線には大きな影響はない見込みです。

今後の台風の進行速度やコースによって大きく変わる可能性もあるため、こまめに最新情報をご確認ください。

<高速道路>太平洋側ほど影響が大きくなる見込み

台風14号の影響で、9日(金)以降は九州から東北の太平洋側を中心に雨・風が強まります。

そのため、10日(土)を中心に速度規制などの影響が出るおそれがあり、関東の路線では一部で通行止めとなるリスクもあります。

車を運転する予定がある方は最新の情報を確認し、くれぐれもご注意ください。

<航空>欠航や条件付き運航の可能性 

ウェザーニュース
飛行機への影響予測

台風14号の影響で強雨による視界不良や強風やのため、8日(木)から11日(日)にかけて欠航や条件付き運航となる可能性があります。
特に、太平洋側の空港を往復する便は遅延や欠航となる可能性が高くなる見込みです。

GoTo トラベルを利用するなどで遠出を予定している方は、こまめに最新情報をご確認ください。

» 台風14号による各地への詳しい影響予測

» GPS検索 ピンポイント週間天気予報

【関連記事】