テキサス州小学校で銃乱射事件。児童19人と大人2人が死亡【更新】

容疑者は地元の18歳男性で、車を乗り捨て拳銃を持って小学校に侵入したと州知事が発表した
|
ロブ小学校で銃撃事件が起きた後、泣きながらユバルディ郡の市民センターを出てきた人(2022年5月24日)
ロブ小学校で銃撃事件が起きた後、泣きながらユバルディ郡の市民センターを出てきた人(2022年5月24日)
via Associated Press

アメリカ・テキサス州の小学校で5月24日、銃撃事件が発生した。これまでに児童19人と大人2人の死亡が確認されている。

事件が起きたのは、2年生〜4年生の児童が通うロブ小学校だ。

小学校のあるユバルディ郡は、サンアントニオの約80マイル西側の位置し、多くのメキシコ系アメリカ人が住んでいる。

テキサス州警察は、発砲したのはユバルディ郡在住で18歳のサルバドール・ラモス容疑者だと発表した。

グレッグ・アボット州知事は24日の記者会見で、ラモス容疑者は駆けつけた警察官に射殺されたと述べた。

ラモス容疑者は車を乗り捨て、拳銃を持って小学校に侵入したという。ライフルを持っていたとの情報もあるがまだ確認されていない。

さらに、小学校に向かう直前に自身の祖母を殺害したと報告されている。

警察が現場を捜索して、他にも容疑者や関係者がいないか調べている。

銃撃事件が発生したロブ小学校(2022年5月24日)
銃撃事件が発生したロブ小学校(2022年5月24日)
ALLISON DINNER via Getty Images

今回の事件の犠牲者数は、学校での銃乱射事件としては、2012年のコネチカット州サンディフック小学校に続いて最多となった。サンディフック小学校銃乱射事件では、子ども20人と大人6人が死亡した。

ユバルディ郡選出のローランド・グティエレス州上院議員は、「ここはテキサスの美しく小さな街です。こんなことが起きるなんて想像もできません……。親や家族、コミュニティの皆さんことを考えてショックを受けています。私の思いは彼らと共にあります」とハフポストUS版に語った。

【UPDATE】2022年5月25日13時22分

犠牲者の数を更新しました。

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。