政治
2021年04月09日 18時20分 JST | 更新 2021年04月09日 18時31分 JST

スーパークレイジー君、当選無効に。戸田市議選で初当選していた

戸田市選管は、アパートの契約者が本人ではなく、光熱費の契約者も本人でないことなどから「旧住所地から生活の本拠を移したとまでは到底いえない」と結論づけた。

時事通信社
スーパークレイジー君(東京都知事選挙に立候補した際の写真)

埼玉県戸田市の選挙管理委員会は4月9日、市議選で初当選したスーパークレイジー君(本名・西本誠)の当選を無効とすると発表した

市選管は、スーパークレイジー君が「戸田市内に住んでいる実態がない」として、当選無効を求める異議申し出を受けて調査していた。住んでいたとされるアパートの部屋の契約者が本人ではなく、光熱費の契約者も本人でないことなどから「旧住所地から生活の本拠を移したとまでは到底いえない」と結論づけた。

スーパークレイジー君は2020年6月の都知事選で、特攻服でダンスするユニークな選挙活動が注目されたが落選した。戸田市議選でも特攻服で選挙活動。年が明けた1月31日の投開票の結果、定数26のうち25番目にあたる912票を獲得して当選していた。

スーパークレイジー君は決定に不服がある場合、21日以内に埼玉県選挙管理委員会へ審査の申立てをすることができる。