NEWS
2019年09月22日 10時16分 JST

台風17号、22日夕方以降に九州に最接近の進路予想 暴風雨に警戒を

この後、台風の北上に伴い強い雨や風の範囲は九州北部にも拡大し、23日には千葉県や関東でも風がかなり強まる見通しとなっている。

ウェザーニュース

2019/09/22 09:02 ウェザーニュース

9月22日(日)8時現在、大型で強い勢力の台風17号(ターファー)は、九州の西を北北東に進んでいます。九州のほぼ全域が風速15m/s以上の強風域に入っています。きょう夕方から夜遅くに九州に最接近するため、暴風や激しい雨に警戒してください。

▼台風17号 9月22日(日)8時現在
 存在地域   五島市の南西約290km
 大きさ階級  大型
 強さ階級   強い
 移動     北北東 25 km/h
 中心気圧   970 hPa
 最大風速   35 m/s
 最大瞬間風速 50 m/s
» 最新の台風情報

 

既に九州では350mm超の大雨に

ウェザーニュース
24時間降水量の観測値

台風を取り巻く活発な雲がかかっているため、九州や四国では激しい雨の降っているところがあります。

特に九州南部や四国など西日本の太平洋側を中心に大雨になっていて、アメダスによる今日22日(日)8時までの24時間雨量は、宮崎県の西米良で382mm、熊本県の湯前横谷で375.5mmなど、350mmを超えているところがあるほか、自治体の設置した雨量計では400mm以上を観測している地点もあります。

このあと台風の北上に伴い強い雨や風の範囲は九州北部にも拡大し、明日までの多いところで総雨量が300mmを超えるところがある見込みです。
» 雨雲レーダー

ウェザーニュース
風の予想 今日22日(日)夕方

風も強く吹き、台風の中心に近い五島列島や対馬、九州北部では今夜にかけて最大瞬間風速が30m/sから40m/sの暴風となるおそれがあるほか、中国地方や四国地方でも25m/sから35m/sに達するおそれがあります。

 

強風による飛来物に警戒が必要ですので、今夜は不要不急の外出はお控えください。また、電線の接触や倒木等による停電のリスクも高まります。充電や明かりの準備などもしておいたほうが良さそうです。

» ウェザーニュース 停電リスク予測

 

明日は被災地千葉も強風注意

ウェザーニュース
風の予想 明日23日(月)午後

明日23日(月)は、台風17号は温帯低気圧の性質を帯びつつ日本海を北東に進みます。台風と温帯低気圧の違いはエネルギー源が変わることであって、勢力が弱まるとは限りません。温帯低気圧になると、さらに広範囲で風が強まるおそれがあります。

 

台風15号により大きな被害を受けている千葉県など関東でも、南風がかなり強まる見通しです。特に東京湾周辺などでは一時的に15m/sを超える強風が吹くおそれがあります。屋根の補修に使われているブルーシートが飛ぶなどの被害が出るおそれがありますので、可能な限り安全を確保して対策をとるようにしてください。

 

北日本も風雨に警戒 作物への被害のおそれも

ウェザーニュース
全国の風雨のピーク時間帯

北日本では明日23日(月)から連休明けの24日(火)にかけて暴風や大雨となる見込みです。飛びやすい物を家の中に入れる、停電に備えて懐中電灯や水を用意するなどの対策を行うようにしてください。

 

また、強風や大雨による農作物への被害が懸念されます。今日のうちに荒天に対する対策を行っておいてください。

 

交通機関への影響も

鉄道の運行や高速道路、空の便などで台風の影響が拡大するおそれがあります。旅行や帰省などで移動を予定されている場合は、見通しを確認の上、予定の調整を行うなどの対応をしてください。

» GPS検索ピンポイント天気予報

 

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

 

台風17号の名前「ターファー(Tapah)」は、マレーシアが提案した名称で、ナマズ科の淡水魚の名前が由来です。

 

関連記事