NEWS
2019年07月03日 17時14分 JST | 更新 2019年07月03日 19時15分 JST

ユニクロがプラスチック製レジ袋を廃止へ。9月から環境配慮した紙製に順次切り替える

2020年までに全世界のグループ全体で、店頭での使い捨てプラスチック包装の85%削減を目指す

winhorse via Getty Images
ユニクロの銀座ストア

ユニクロなどのアパレルブランドを有するファーストリテイリングは7月3日、持続可能な事業構築に向けた取り組みの一環として、使い捨てプラスチックの使用削減に関するグループ方針を発表した。

2020年までに、全世界のグループ全体で、店頭での使い捨てプラスチック包装を85%(約7800トン)の削減を目指すという。

施策の1つとして、2019年9月1日から、日本を含め世界12カ国・地域の事業で使用しているプラ製ショッピングバッグを、再生紙などを使用した環境配慮型の紙製に順次切り替えるという。

また同時に、国内外のユニクロやジーユーなどの全店舗で、オリジナルのエコバッグを販売する。2020年1月14日からは、エコバッグ利用促進のため全店舗でショッピングバッグを有料化(1枚10円)するという。

ショッピングバッグ以外のプラ製パッケージも、2019年秋冬シーズンから一部商品で廃止していく。

今後もサプライチェーン全体で、不要な使い捨てプラスチックの撤廃を目指していくという。

健康な地球で、みんなが平等に平和に生きる。

2030年に、それを実現するための目標がSDGs(持続可能な開発目標)です。
ハフポスト「はじめてのSDGs 」では、日本をはじめ世界中の問題や取り組みを紹介。

私たちに何ができるんだろう... みんなで一緒に考えてみませんか?