【国連決議】「ロシアによるウクライナ4州併合は無効」に143カ国が賛成。反対した5カ国は?(全投票リスト)

賛成は143カ国、5カ国が反対。35カ国が棄権し、10カ国が無投票という結果になりました。
10月12日、国連総会で開かれた緊急連合会。ロシアのウクライナ併合宣言撤回を求める決議が賛成多数で採択された。
10月12日、国連総会で開かれた緊急連合会。ロシアのウクライナ併合宣言撤回を求める決議が賛成多数で採択された。
ED JONES via AFP via Getty Images

ロシアが「住民投票」の結果、ウクライナ4州を一方的に併合したことを受け、国連総会は10月10日、緊急特別会合を開いた。12日に併合を「違法で無効」だとする決議案を143カ国の賛成多数で採択した。決議に法的拘束力はないが、軍事行動を許さない国際社会の姿勢を示す意味合いがある。

国連の発表によると、今回の決議は「ロシアのいかなる併合主張も認めないことを求め、併合宣言の即時撤回を要求」するものだった。賛成は加盟193カ国の過半数にあたる143カ国だった。

反対票は5カ国で、当事者であるロシアのほか、ベラルーシ、シリア、朝鮮民主主義人民共和国、ニカラグアだった。中国、インドなど35カ国が棄権。イランやベネズエラなど10カ国が無投票だった。国際社会の多くが「一方的な併合」を非難する中で、これらの国はロシアに配慮した形となった。

■加盟193カ国の投票、その内訳は

国連の公式Twitterによると、国別の投票の内訳は以下の通り。

 ■反対(5カ国)

ベラルーシ、朝鮮民主主義人民共和国、ニカラグア、ロシア、シリア

■棄権(35カ国)

アルジェリア、アルメニア、ボリビア、ブルンジ、中央アフリカ共和国、中国、コンゴ、キューバ、エリトリア、エスワティニ、エチオピア、ギニア、ホンジュラス、インド、カザフスタン、キルギス、ラオス、レソト、マリ、モンゴル、モザンビーク、ナミビア、パキスタン、南アフリカ、南スーダン、スリランカ、スーダン、タジキスタン、タイ、トーゴ、ウガンダ、タンザニア、ウズベキスタン、ベトナム、ジンバブエ

■無投票(10カ国)

アゼルバイジャン、ブルキナファソ、カメルーン、ジブチ、エルサルバドル、赤道ギニア、イラン、サントメプリンシペ、トルクメニスタン、ベネズエラ

■賛成(143カ国)

アフガニスタン、アルバニア、アンドラ、アンゴラ、アンティグア・バーブーダ、アルゼンチン、豪州、オーストリア、バハマ、バーレーン、バングラデシュ、バルバドス、ベルギー、ベリーズ、ベナン、ブータン、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ボツワナ、ブラジル、ブルネイ、ブルガリア、カーボベルデ、カンボジア、カナダ、チャド、チリ、コロンビア、コモロ連合、コスタリカ、コートジボワール、クロアチア、キプロス、チェコ、コンゴ民主共和国、デンマーク、ドミニカ、ドミニカ共和国、エクアドル、エジプト、エストニア、フィジー、フィンランド、フランス、ガボン、ガンビア、ジョージア、ドイツ、ガーナ、ギリシャ、グレナダ、グアテマラ、ギニアビサウ、ガイアナ、ハイチ、ハンガリー、アイスランド、インドネシア、イラク、アイルランド、イスラエル、イタリア、ジャマイカ、日本、ヨルダン、ケニア、キリバス、クウェート、ラトビア、レバノン、リベリア、リビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マダガスカル、マラウイ、マレーシア、モルディブ、マルタ、マーシャル諸島、モーリタニア、モーリシャス、メキシコ、ミクロネシア、モナコ、モンテネグロ、モロッコ、ミャンマー、ナウル、ネパール、オランダ、ニュージーランド、ニジェール、ナイジェリア、北マケドニア、ノルウェー、オマーン、パラオ、パナマ、パプアニューギニア、パラグアイ、ペルー、フィリピン、ポーランド、ポルトガル、カタール、韓国、モルドバ、ルーマニア、ルワンダ、セントクリストファー・ネービス、セントルシア、セントビンセント及びグレナディーン諸島、サモア、サンマリノ、サウジアラビア、セネガル、セルビア、セーシェル、シエラレオネ、シンガポール、スロバキア、スロベニア、ソロモン諸島、ソマリア、スペイン、スリナム、スウェーデン、スイス、東ティモール、トンガ、トリニダード・トバゴ、チュニジア、ツバル、トルコ、ウクライナ、アラブ首長国連邦(UAE)、英国、米国、ウルグアイ、バヌアツ共和国、イエメン、ザンビア

注目記事