NEWS
2019年07月14日 10時49分 JST

【天気情報】7月14日、日本各地の雨はどうなる?

九州南部、四国、近畿南部で雨が強まる見込みです。道路の冠水や中小河川の急な増水に注意が必要です。

2019/07/14 05:38 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・九州南部や四国は大雨に注意
・関東南部の雨のピークは朝まで
・北日本も雨 気温低く

ウェザーニュース
降水の予想

三連休2日目の今日7月14日(日)は、日本列島の広範囲で雨が降ります。九州南部など西日本の太平洋側は大雨に注意が必要です。関東の強い雨のピークは朝までの見込みです。

九州南部や四国は大雨に注意

活発化している梅雨前線の影響で、西日本や東日本の広範囲で雨が降ります。前線に近い九州南部や四国など太平洋側の地域では、雨の強まるところがあります。

特に、前線上の低気圧が接近するタイミングで雨が強まる予想で、九州南部では朝から昼過ぎにかけて、四国では午後、近畿南部では夜に雨が強まる見込みです。数時間程度、激しい雨が降るおそれがあるため、道路の冠水や中小河川の急な増水に注意が必要です。

先月末からの大雨で脆くなった斜面などでは、地盤が緩んで土砂災害が発生するおそれもあるため、急な斜面など危険な場所には近づかないでください。

関東南部の雨のピークは朝まで

本降りの雨が降っている関東南部は、強い雨のピークは朝までです。神奈川県の三浦半島や千葉県南部などでは一時的に激しい雨が降る可能性があるため、道路の冠水等に注意してください。

ただ、ピークを過ぎた後も所々で雨が降りますので、お出かけには傘をお持ちください。
最高気温は昨日より5℃ほど低くなるため、服装選びにもご注意ください。

 

北日本も雨 気温低く

北海道や東北北部は上空の気圧の谷の影響で、東北南部では梅雨前線の影響で、それぞれ雨が降ったり止んだりの一日となります。

昨日は晴れて気温が高くなった東北太平洋側では、再び今日は涼しくなります。最高気温は昨日よりも5℃以上低くなる予想ですので、体調管理に注意してください。

ウェザーニュース