WORLD
2021年12月07日 12時26分 JST | 更新 2021年12月07日 12時33分 JST

スピルバーグ監督が「ウエスト・サイド・ストーリー」に字幕をつけなかった理由。「スペイン語に敬意を払うため」

「スペイン語に英語字幕をつければ、英語を強めることになります。スペイン語より英語に力を与えることになってしまいます」

ブロードウェー・ミュージカルの名作を、スティーブン・スピルバーグ監督が映画化した『ウエスト・サイド・ストーリー』。

日本では2022年2月11日、アメリカでは2021年12月10日に公開されるこの映画のスペイン語のセリフに、スピルバーグ監督は英語字幕をつけなかった。

理由は「スペイン語に敬意を払うため」だという。

via Associated Press
ニューヨークで開かれた『ウエスト・サイド・ストーリー』のワールドプレミアで姿を見せたスピルバーグ監督(2021年11月29日)

『ウエスト・サイド・ストーリー』のスペイン語に英語字幕がないことは、同作品が11月29日にニューヨークのワールドプレミアで上映された後に話題になった。

この決断について、スピルバーグ監督は「スペイン語に英語字幕をつけないのはとても重要だった」とIGNのインタビューで説明した。

「スペイン語に英語字幕をつければ、英語を強めることになります。スペイン語より英語に力を与えることになってしまいます。この映画では、それは起きません。私はスペイン語に字幕をつけないことで、スペイン語に敬意を払う必要がありました」 

スピルバーグ監督は『ウエスト・サイド・ストーリー』を、ダイバーシティやインクルージョンを意識して制作したという。

「両親や祖父母、自身がラティンクス(ラテンアメリカ系)の国々の出身者がいないオーディションをしないと約束した」とIGNに述べている。

特に、マリアやベルナルドなどウエスト・サイド・ストーリーの主人公たちと同じ、プエルトリコ系の人たちの起用に力を入れたという。

60年前の1961年の映画『ウエスト・サイド・ストーリー』は今でも愛される名作だが、キャストのほとんどは、白人の俳優だった。 

マリアとベルナルドを演じたのはナタリー・ウッドとジョージ・チャキリスで、主な登場人物でプエルトリコ出身者はアニタ役のリタ・モレノだけだった。

また、この時にプエルトリコ出身の登場人物を演じた俳優たちは、ブラウンカラーのメークをしていた

United Archives via Getty Images
1961年『ウエスト・サイド・ストーリー』のジョージ・チャキリスとナタリー・ウッド
Ernst Haas via Getty Images
(左)アニタ役のリタ・モレノ

一方、スピルバーグ監督はマリア役にコロンビア系のレイチェル・ゼグラー、ベルナルド役にキューバ系のデヴィッド・アルバレスを起用した。リタ・モレノもバレンティーナ役で出演する。