BLOG
2015年02月23日 02時46分 JST | 更新 2015年04月23日 18時12分 JST

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』 ― フードトラックと金融緩和とピケティ/宿輪純一のシネマ経済学(72)

本作は、楽しめる要素が盛り沢山で、観終わった後の爽快感が最高で、心もお腹も満たされる映画、といいたいが、逆にお腹は減った(笑)。

Alexander Tamargo via Getty Images
MIAMI, FL - APRIL 25: General view of the 'Chef' the movie private screening at O Cinema on April 25, 2014 in Miami, Florida. (Photo by Alexander Tamargo/Getty Images for Open Road Films)

(CHEF /2014)<2月28日公開>

本作は、楽しめる要素が盛り沢山で、観終わった後の爽快感が最高で、心もお腹も満たされる映画、といいたいが、逆にお腹は減った(笑)。

まず、ストーリーだが、元一流レストランのシェフがオーナーと喧嘩して、仕方なくフードトラックでサンドイッチを売りながら、旅をして自分の人生を取り戻していくという話。映画の中でも、SNSで盛り上げるが、それはなくても良かったかな。

一流レストランの優秀な料理人カール・キャスパー(ジョン・ファヴロー)は、お約束であるが、経営者的視点のオーナー(ダスティン・ホフマン)と衝突する。オーナーは創造性に欠ける料理を要求するがそれを拒み、さらに店で評論家とも喧嘩して、衝動的に店を辞める。

その後、仕方なくマイアミに行った料理人カールは、とてもおいしいキューバサンドイッチと出会い、これで食っていこうとする。きれいな元妻(ソフィア・ベルガラ)や思いやりのある友人(ジョン・レグイザモ)、可愛い息子(エムジェイ・アンソニー)らとフードトラックでサンドイッチの移動販売を始める。これが苦労しながらも、当たる。

筆者はそもそもロードムービーが好きであるが、車がフードトラックなので、まさに「料理ロードムービー」。もちろん、ジューシーな料理の数々も、さらにご機嫌なラテン音楽、旅行気分を味わえる風景もご機嫌満点。

また、主演と監督が、なんと『アイアンマン』シリーズなどの"監督"でもある俳優のジョン・ファヴロー。彼は今回の様にメガネがあったほうがカッコいいな。共演には、ダスティン・ホフマン、ロバート・ダウニー・Jr、ガールフレンド役のスカーレット・ヨハンソンといった、豪華キャストが集結。監督の人望で集まったウルトラ・キャストである。

ちなみに筆者も「ABCクッキング」で料理を習って、料理をするのが大好きな料理家でもあるが、ジョン・ファヴローの包丁さばきはすごい。実際に料理をしているのが分かった。

さて、筆者もそうであるが、最近日本でも流行ってきた「フードトラック」や、屋台、あるいは立ち飲みのような簡易な料理店(飲み屋)は大好きである。筆者がそのような店が好きなのは、下町系の育ちであることと、お金持ちでないことである。

とくにアベノミクスに基づく量的金融緩和が始まってからは、経済格差は拡大しているのではないか。お金持ち(資産所有者)はよりお金持ちになって、労働者はお給料も上がらず、物価が上がって生活は苦しくなっている。

これは先進国(成熟国)の経済では起こることである。日本では、産業やサービスなどの実体経済では、成長力が落ちているために、資金を必要としていない。実際に、すべての銀行の貸し出しも、預金に対して約6割程度とのことである。このように実体経済が資金を必要としていないので、当然、無理な量的金融緩和の資金は資産に流れ込んで、資産価格は上昇し、バブルのリスクも高まっている。しかも、給料の上昇に結び付く経済成長ではなくて、物価上昇を目標としているので、庶民の生活は苦しくなるというわけである。この成熟国の金融緩和で資産が上昇するというメカニズムは、ピケティ博士がいっていることとベースは一緒である。

でも、この映画の特徴だが、本作に出演している人は皆、良い人ばかり。しかし、本当の世の中はそうではない。ひどいことをする人もいるものである。

【著者の新刊案内】

『通貨経済学入門(第2版)』税込定価¥2,808、日本経済新聞出版社より、3月1日(日)発売予定。Amazon等でどうぞ。

<出版社が作った書籍の帯の文章> 世界の経済を牽引(リード)する主役は通貨(マネー)! 基軸通貨、変動相場制など基本項目から今日の最近の動きまでを平易に解説している好評のテキストを、ビットコイン・仮想通貨、人民元の国際化、ロシア・ルーブルの変動相場制への移行、「資源国通貨」の考え方などの新項目を加え、時代の変化に合わせてさらにパワーアップした"決定版"!

【宿輪ゼミのご案内】

博士(経済学)・エコノミスト・慶應義塾大学経済学部非常勤講師・映画評論家の宿輪先生が2006年4月から行っているボランティア公開講義。その始まりは東京大学大学院の学生達がもっと講義を聞きたいとして始めたもの。どなたでも参加でき、分かり易い講義は好評。「日本経済新聞」や「アエラ」の記事にも。この今年4月で10年目、開催は間もなく180回を超えます。Facebook経由の活動が中心となっており、以下からご参加下さい。会員は7700人を超えております。https://www.facebook.com/groups/shukuwaseminar/次回第177回の宿輪ゼミは3月4日(水)開催です。新刊『通貨経済学入門(第2版)』出版記念講演で、エッセンスを解説して頂きます。