BLOG
2015年09月10日 14時20分 JST | 更新 2016年09月08日 18時12分 JST

『ピクセル』―クリアしていく喜び/宿輪純一のシネマ経済学(83)

筆者は52歳であるが、中学・高校の時代はまさにテレビゲームを結構やった。そういった方々には堪らない。80年代のゲームキャラたちがリアルに地球を侵略してくるのである。

 ピクセル(Pixel)とは、コンピューター用語で「画素」のこと。画像(PICture)の要素(ELement)からの造語。エイリアンの兵器が、人間や建物などすべての物質を細かいブロック(ピクセル)にしてしまう。

 筆者は52歳であるが、中学・高校の時代はまさにテレビゲームを結構やった。そういった方々には堪らない。80年代のゲームキャラたちがリアルに地球を侵略してくるのである。しかも、地球を救えるのはゲームオタクなのである。

 1982年地球や人類の文化ついての情報を宇宙に送り、宇宙人との交流をしようとしてプロジェクトがあった。宇宙人は受信したが、人類からの宣戦布告だと勘違いする。約30年後に、パックマン、ギャラガ、ドンキーコング、スペースインベーダー、テトリスの巨大キャラクターに姿を変えて、宇宙人は地球を侵攻し始める。楽しいはずのキャラクターが次々と都市を襲い、人間や建物をピクセル化していき、世界はパニックに陥る。そこで、30年前のゲームオタクが立ち上がり、地球を救う。

 このように書けば分かるに、アメリカの楽しいお気楽映画なのである。30年前のオタク仲間の一人はなんと大統領になっているし、恋人になる女性はホワイトハウス勤務の軍人(中佐)だし、冴えない主人公が突然、脚光を浴びで地球を救うし、何だかわからないが、余裕ないはずなのに、楽しいパーティとかやっているし、オタクの一人にも恋人ができるし・・・。ぼーっと見ているととても楽しいアメリカ映画なのである。それは筆者の様なその当時の人はもちろん、今の子供や少年も楽しめるのは請け合いである。

 監督は『ホーム・アローン』シリーズや『ハリー・ポッター』シリーズのクリス・コロンバスで、彼の映画らしく本当にひどい奴は出てこない。主演は『50回目のファースト・キス』や『ビッグ・ダディ』などのコメディアン俳優:アダム・サンドラー、『M:i:III』などのミシェル・モナハンが恋人役。パックマン生みの親のもとナムコの岩谷徹も登場する。日系の男優が演じる登場人物でもでてくるが、本人もナムコのエンジニア役で出てくる。

 筆者も学生時代いわゆるテレビゲームは好きだった。今にして思えば、1回100円はたかかったなぁ。ゲームの楽しさは、そのステージをクリアしていくこともある。何回も、何回もやって、上達してクリアしていく達成感が中毒性を持つ。この努力して、上達して、達成していくというサイクルは「幸福感」を人間に与え、自信が付き、自分を評価するようになる。逆に言えば、このような細かい達成感を与え続けることが、目標を達成することに必要不可欠なのである。

 筆者がメガバンク3年目にシカゴで先物取引やデリバティブ取引を担当していたが、そのころ、バスケットボールのシカゴ・ブルズがメチャクチャ強かった。ブルズにはマイケル・ジョーダンというスパースターがいた。彼が自伝を出したので読んでみると、彼のレベルでさえ(彼のレベルですら)、大きな目標(プレイの上達)のために、その日の小さい目標(プロセス)を決めて、それを達成することに集中することが大事だといっていた。その積み重ねたどいう。つまり、個人の仕事でも勉強でも、企業の経営でも、国の経済政策でもそのようにプロセスの細分化と達成感が"幸せに"目標を達成できる秘訣であると信じている。

 ゲームと人生の「目標クリア」の違いは、ゲームはゲーム会社に決められたステージをクリアすることで、仮想空間における手軽で一時的な達成感がある。一方、人生は自分で目標とステージ、そしてプロセスを決めなければならない。そして、そのプロセスは地味な努力が続くが、人生の目標にリアルに向かっていくことができる。さらにゲームはリセットできるが、人生は絶対にリセットできない。

 また、筆者が最近のテレビゲームに強い懸念があるのは"暴力的"なゲームが増えているということである。画面の中では痛くないし、死んでもリセットできる。これが青少年に悪影響を与えるかもしれないし、最近の凶悪犯罪との関わりもあるかもしれない。それに対し、本作品の中に出てくる80年代のゲームは素朴な感じがして、安心して楽しめる。

 「車内の化粧や飲食は止めよう」という地下鉄の注意ポスター(このポスターのシリーズは筆者は大好きである)もあり、筆者もそう思う。さらに、学生や若いサラリーマンが「車内で必死にゲームをやっている」のを見ると、日本の将来が不安になるのは筆者だけではないのではと思う。

【著者の新刊案内】

『金融が支える日本経済―真の成長戦略を考える』宿輪純一著/櫻川昌哉著(税込定価¥1,728、東洋経済新報社)

日本の金融力は製造業以上の武器になる! 経済成長、財政問題解決の切り札となる金融立国のすすめ。

【宿輪ゼミのご案内】

博士(経済学)・帝京大学経済学部経済学科教授・慶應義塾大学経済学部非常勤講師・映画評論家の宿輪先生が2006年4月から行っているボランティア公開講義。その始まりは東京大学大学院の学生達がもっと講義を聞きたいとして始めたもの。どなたでも参加でき、分かり易い、経済学博士の講義は好評。「日本経済新聞」や「アエラ」の記事にも。この今年4月で10年目、開催は180回を、会員は1万人を超えています。次回第190回の宿輪ゼミは9月16日(水)開催。Facebook経由の活動が中心となっており、以下からご参加下さい。

https://www.facebook.com/groups/shukuwaseminar/