BLOG
2018年07月15日 11時22分 JST | 更新 2018年07月15日 12時06分 JST

熱中症になりにくい服装の選び方

水分や帽子の準備はもちろんですが、服装選びにもポイントが

ウェザーニュース

この3連休は、今夏で最も暑い週末になる可能性があります。屋外レジャーに出かける場合は、熱中症対策が欠かせません。

水分や帽子の準備はもちろんですが、熱がこもりにくい服装を選ぶ事も熱中症対策の重要なポイントとなります。

吸水性・速乾性がポイント

ウェザーニュース

熱中症対策の観点からすると、汗を吸ってくれる吸水性と吸った汗を素早く乾かしてくれる速乾性が優れた素材がおすすめです。

具体的には、綿・麻・ポリエステル。

化学繊維であるポリエステルが吸水性、速乾性に関しては効果が高いです。 ただ、化学繊維は苦手...という方も居ると思うので、その場合は綿や麻を選ぶようにしてくださいね。

通気性の良い服

洋服の素材だけではなく、形も大切です。

ピタッとした服は、服と体の間を風が通らないので熱がこもりやすくなります。ゆったりとした服を着るのがおすすめです。

袖口も細身のものよりふわっとしている方が風が入りやすいですし、襟ぐりも詰まっているものよりは開いている方が良いです。

裸より洋服を着ている方が涼しく感じるのは、体と服の間を風が通るからなんだそうです。

熱を吸収しにくい白や淡い色

ウェザーニュース

色は、断然、熱を吸収しにくい白や淡い色の洋服がおすすめです。黒など濃い色ほど熱を吸収し、熱がどんどんこもってしまいます。

ただ、紫外線対策としたは黒など濃い色の方が効果があるため、難しいですね^^;

肌着は汗の蒸発を助ける

最後に、(吸水性や速乾性の高い)肌着を着る事。重ね着をすることで暑くなると思われがちですが、汗の蒸発を助けてくれたりするので出来るだけ肌着を着る事をおすすめします。

連休でお出かけ中の方も多いかと思いますが、暑さ対策を万全にして、楽しく安全にお楽しみください。

参考資料など

ダイヤクリーニング「洋服のお手入れ法」http://diacleaning.com/blog/179-2/

2018/07/15 07:11

【関連記事】