THE_BLOG

GUの「私はフェミニスト」Tシャツ、かなり勇気を出して着てみたら...

私は、このTシャツを着て外に出ることが「怖い」と感じたのだ。
This post was published on the now-closed HuffPost Contributor platform. Contributors control their own work and posted freely to our site. If you need to flag this entry as abusive, send us an email.

この夏、GUで2種類の「スローガンTシャツ」が発売されたことを知っていますか?

ひとつは「EQUAL TO YOU(君と私は平等)」。

もうひとつは「YUP, I'M A FEMINIST」。意味は「そう、私はフェミニスト」。

すごいことだと思った。

いつもは何が書いてあっても気にしないような「Tシャツのロゴ」が、世界規模のメッセージを掲げている。

普段大きく声を上げることができない私でも、少しでも社会にアプローチすることができるような気がした。

そして、自宅のすぐ近くにあるGUで私はそのTシャツを見つけ、790円で購入した。

私はいつもだったら、新しく買った服は翌日すぐに着て外出したくなるほど新しいもの好きだけれど、今回はそうはいかなかった。

このTシャツを着て外に出ることが「怖い」と感じたのだ。

自分がフェミニストであると主張するTシャツを着ていることで、見知らぬ誰かに何か言われないだろうか?

これを見て不快な思いをした誰かに嫌がらせをされることはないだろうか?

インターネット上で"フェミニスト"という言葉に過剰に強く当たる人々を見ることが少なくないため、現実でも同じような扱いを受けるのではないか、と不安になってしまった。

そう思い、Tシャツを買ってしばらくは袖を通さずに放置していた......のだが、突然、なんとなく「ちょっと着てみよう」と思った。

家からオフィスに着くまでに何か起こるかもしれない。でも、オフィスに着いたら絶対安心できるという自信があった。

けれど、やっぱり家やオフィスの外は怖いままだった。

朝、Tシャツを着てドキドキしながら家を出て、家族には率直に自分の不安を打ち明け、胸元の文字を気にしながら満員電車に乗り込んだ。

普段は気にならない、道ですれ違う他人の視線がとても怖かった。

もしかしたら、前に座っている人に顔をしかめられるかもしれない。

もしかしたら、隣の人に咳払いをされるかもしれない...。

そんな風に思っていたが、結果は「何も起こらなかった」。

いつもと違うのは、私が「勇気を出してTシャツを着ている」ということだけだった。

そもそも、着ている本人が思っているほど他人の服に書いてあることなんかを気にする人は少ないのかもしれない。

もしくは、私が心配していたような"フェミニストの文字に攻撃的になる人"など存在しなかったのかもしれない。

私が"フェミニスト"のTシャツを着ることが社会を変えるかもしれない、なんておこがましい期待だったのかもしれない。

それでも私は満足している。このTシャツを着る勇気を持てたことを。

私は明日から、気負わず、もっと気軽にこのTシャツを着ることができるだろう。

GUのスローガンTシャツにプリントされたスローガンは社会(外)ではなく、私(内)に向いていたのだと思う。

「スローガンTシャツ」の火付け役となったのはディオールだけれど、GUからフェミニストを応援するアイテムが発売されたのはそういう意味もあったのかもしれない。

GUの"お値ごろ"なアイテムを購入するように、私たちはもっと気軽にメッセージを身にまとう勇気を持つことができる時代に生きているのだと思った。