BLOG
2018年01月29日 16時51分 JST | 更新 2018年01月29日 16時51分 JST

立体ディスプレイ

三次元動画は、長い間、SFの中の話であった。

Getty Images

三次元動画は、長い間、SFの中の話であった。

実際には、光を操作することによって三次元の外観に近づけることが多いが、そうした方法には、視野角が狭い、特殊な視覚装置を頭部に装着する必要がある、などの制約がある。

今回D Smalleyたちは、この解決策を提示している。この方法では、三次元物体が実空間に表示され、表示された画像は、あらゆる角度から見ることができるとともに、同じ物理空間を占める固体物体と共存し、包み込むことすらできる。

不可視に近い光場によって、微小粒子がトラップされ、体積空間中を移動する。粒子が動く際に、赤色、緑色、青色のレーザー光を照射すると、任意の色の点光源が生成され、画像化対象物体の表面が描画される。粒子の走査速度が十分速ければ、人間の眼の「リフレッシュレート」が遅いことに起因する残像によって、固体三次元表面の外観に見える。

走査速度をもっと速くすると、物体の像が動いているように見える可能性がある。

Nature553, 7689

原著論文: A photophoretic-trap volumetric display

doi:10.1038/nature25176

【関連記事】

脳ネットワークのコンピューター化で音声認識

Nature547, 7664 

ワイヤレス給電のためのパリティ?時間対称性

Nature546, 7658 

チップ検査を3Dで

Nature543, 7645 

スマート薄膜カラーディスプレイ

Nature511, 7508 

自己組織化するマイクロロボットを目指して

Nature503, 7474