BLOG
2018年10月17日 09時50分 JST | 更新 2018年10月17日 09時50分 JST

マルハナバチに対するスルホキシイミン系農薬の亜致死性の影響

この農薬にさらされたコロニーでは、生産されるワーカーや雄の生殖虫の数が著しく少なかった。

macro of a bumblebee on a flower
13threephotography via Getty Images
macro of a bumblebee on a flower

スルホキシイミン系の殺虫剤は、ネオニコチノイド類の後継品となる可能性が最も高い農薬であり、世界の国々ですでに使用が認可されているか認可が検討されている。H Siviterたちは今回、スルホキシイミン系殺虫剤スルホキサフロルへの曝露が、野外で実際に曝露する量で、マルハナバチに対して亜致死性の影響を及ぼすことを報告している。この農薬にさらされたコロニーでは、生産されるワーカーや雄の生殖虫の数が著しく少なかった。この知見は、ネオニコチノイド類の直接的な代替品としてスルホキシイミン類を使用することに対して警告を発するものである。

Nature561, 7721

原著論文:

Sulfoxaflor exposure reduces bumblebee reproductive success

doi: 10.1038/s41586-018-0430-6

【関連記事】

全球の土壌マイクロバイオーム

Nature560, 7717 

森の糧

Nature555, 7696 

Nature554, 7692 

Nature551, 7680 

Nature551, 7679