BLOG
2018年01月26日 13時16分 JST | 更新 2018年01月26日 13時16分 JST

ノンストップコドン

リボソームは時々終止コドンを通過して、3′非翻訳領域に進むことを見いだした。

theasis via Getty Images

メッセンジャーRNA(mRNA)塩基配列のタンパク質への翻訳は、多くのレベルで調節を受ける。

今回P Baranovたちは、AMD1 mRNA上で起こる、脊椎動物で高度に保存されている新しい調節機構を報告している。彼らは、リボソームは時々終止コドンを通過して、3′非翻訳領域に進むことを見いだした。

このようなリボソームは読み枠内で次の終止コドンに遭遇すると停止するが、mRNA上に留まるので、リボソームの行列が形成される。

この行列が2つの終止コドンの間のスペースを埋めると、そのmRNAは翻訳できなくなる。

著者たちは、この機構が各mRNAに寿命を与える働きをしていて、時間の経過とともにコード領域に損傷が蓄積して、異常な翻訳が起こることを防いでいると提案している。

Nature 553, 7688

原著論文:

AMD1 mRNA employs ribosome stalling as a mechanism for molecular memory formation

doi:10.1038/nature25174

【関連記事】

不可分の繋留タンパク質とSNARE

Nature 551, 7682 

放射線と遺伝毒性物質によるがん複合治療における細胞周期の影響

Nature 548, 7668 

タンパク質分解につながるチャネル

Nature 548, 7667 

細胞膜からアクセスできる脂質シグナル伝達受容体

Nature 548, 7667 

アグリンによるマウス心臓の再生

Nature 547, 7662