BLOG
2016年04月12日 14時04分 JST | 更新 2017年04月11日 18時12分 JST

最終氷期極大期以後の島の生物多様性

複雑な地形や氷期サイクルに伴う海水準の変動によって、生物の種分化が促進される。

火山活動により2つの島が陸続きになった、カナリア諸島テネリフェ島。こうした複雑な地形や氷期サイクルに伴う海水準の変動によって、生物の種分化が促進される。

Credit: Manuel Steinbauer

島の生物多様性に関する現在のモデルは、島が地質学的に静的であって、それを背景にして生物の移入と絶滅が起こると捉えるか、あるいは、島は数百万年にわたって地質学的およびテクトニクス的な変化に影響を受ける動的なものだと捉えるかのどちらかである。しかし、いずれのモデルも過去2万年ほどにわたる急速な変化に対応していない。この期間は、氷冠が融解して海水準が100 m以上上昇した時期で、その結果、大陸は分断され、小さな島々はさらに面積を縮小して陸地からも遠ざかった。

今回P Weigeltたちは、そうした海水準の上昇が島の植物の生物多様性に無視できない影響を与えたことを明らかにした。特に、最終氷期極大期に面積が広かった島ほど、現在の面積や大陸との距離から予測されるよりも現在の固有種が多くなっているが、その一方で在来種の数は基本的に予測と一致している。

Nature532, 7597

2016年4月7日

原著論文:

Late Quaternary climate change shapes island biodiversity

doi:10.1038/nature17443

【関連記事】

植物種の移出入 Nature525, 7567 2015年9月3日