BLOG
2015年12月30日 02時22分 JST | 更新 2016年12月28日 19時12分 JST

硝化を考え直すべきとき

今回の発見は窒素循環についての見方を根本から変化させる可能性があり、また、硝化の研究にも新たな領域を開くだろう。

今回2つの研究グループが、完全な硝化の触媒に必要な酵素の遺伝子を全て備えたニトロスピラ(Nitrospira)属細菌の濃縮と特性解析について報告している。こうした完全硝化は「完全なアンモニア酸化(complete ammonia oxidation;comammox)」と呼ばれる。硝化は2段階の反応であり、これには栄養共生関係にある2種類の生物が関与するとこれまで考えられていた。系統発生解析から、comammoxのニトロスピラ属細菌はさまざまな環境に存在することが示唆されているため、今回の発見は窒素循環についての見方を根本から変化させる可能性があり、また、硝化の研究にも新たな領域を開くだろう。

Nature 528, 7583

2015年12月24日

原著論文:

Complete nitrification by a single microorganism

Nature 528, doi:10.1038/nature16459

Complete nitrification by Nitrospira bacteria

Nature 528, doi:10.1038/nature16461

【関連記事】

根と葉の微生物相の解析Nature 528, 7582 2015年12月17日

意外にもエネルギー源だったシアン酸塩Nature 524, 7563 2015年8月6日