BLOG
2015年11月21日 17時01分 JST | 更新 2016年11月19日 19時12分 JST

遠隔転移は酸化ストレスによって減少する

マウスで増殖させたヒト黒色腫細胞が血流に入ると、高レベルの酸化ストレスを受けるため、生き残って腫瘍を形成する転移細胞が非常に少なくなることを明らかにした。

黒色腫細胞などの固形がん細胞は循環系に容易に入り込むが、元の腫瘍から離れた部位に転移巣を形成する効率はそれほど高くない。S Morrisonたちは今回、マウスで増殖させたヒト黒色腫細胞が血流に入ると、高レベルの酸化ストレスを受けるため、生き残って腫瘍を形成する転移細胞が非常に少なくなることを明らかにした。転移に成功したごく少数の黒色腫細胞は、酸化ストレスに耐える能力を高めるような代謝変化を生じていた。抗酸化剤を投与するとヒト黒色腫細胞による転移が増加したが、抗酸化経路を阻害すると逆の影響が見られた。

Nature527, 7577

2015年11月12日

原著論文:

Oxidative stress inhibits distant metastasis by human melanoma cells

doi:10.1038/nature15726

【関連記事】

高リスク型の神経芽細胞種におけるTERT変異 Nature526, 7575 2015年10月29日

組織再生におけるYapの役割 Nature526, 7575 2015年10月29日

慢性リンパ性白血病のドライバー遺伝子 Nature526, 7574 2015年10月22日

慢性リンパ性白血病で発現する遺伝子群 Nature526, 7574 2015年10月22日

標的治療中の大腸がんのゲノミクス Nature526, 7572 2015年10月8日