BLOG
2015年12月04日 19時48分 JST | 更新 2016年11月25日 19時12分 JST

メタンを効率よく貯蔵する媒体

天然ガスの主成分であるメタンはクリーンで安価な燃料だが、ガソリンやディーゼルと比較して周囲条件下での単位体積当たりのエネルギー密度が低いことを考えると、輸送用途での有用性は貯蔵の問題によって制限される。メタンの貯蔵容量を増やす1つの方法は、貯蔵媒体として金属有機構造体などの多孔性材料が入ったタンクを使うことである。しかし、メタン分子が吸着・脱離するたびに熱変動を伴うため、対策をとらなければ過熱や貯蔵効率の低下が起こる恐れがある。今回J Longたちは、2種類の柔軟な金属有機構造体について報告している。これらの金属有機構造体は、特定のメタン圧力で可逆的に相転移するため、利用可能なメタンの貯蔵容量を従来よりも増やすことができる一方で、系の内部熱管理機能も担っている。

Nature527, 7578

2015年11月19日

原著論文:

Methane storage in flexible metal-organic frameworks with intrinsic thermal management

doi:10.1038/nature15732

【関連記事】

跳ね返る水滴 Nature527, 7576 2015年11月5日

マグネシウムの構造特性を高める方法 Nature526, 7571 2015年10月1日

新しいトランジスター技術の実証 Nature526, 7571 2015年10月1日