akachanposuto

日本の社会的養護(虐待等で家庭で過ごせない子どもたちの養護)においては、歴史的な日となりました。
ドラマ「明日、ママがいない」において、日本でただひとつ「赤ちゃんポスト」を運営している慈恵病院などが「子どもたちが傷つく」と批判している問題で、日本テレビが病院側に「内容の見直し」の方針を伝えた。
日テレ系ドラマ「明日、ママがいない」の放映について、ドラマ内容の適切性が社会的な話題となっています。各種ブログ系メディアで「明日、ママがいない」の話題が先々週から持ち切りです。「明日、パパが家にいる」よりマシだろ、という訳の分からない愚痴をこぼす年頃の女の子もいるとは思いますがそれは、それで。
日本テレビ系ドラマ「明日、ママがいない」(水曜日午後10時)。昨今、これほど賛否をめぐって議論を呼んでいるドラマは珍しいのではないでしょうか。慈恵病院(熊本市)は、「赤ちゃんポスト」に預けられた子を「ポスト」というあだ名で呼ぶなどといったドラマ設定に対し、人権侵害にあたると放送中止を申し入れました。
俳優の城田優が出演中のドラマ『明日、ママがいない』(水曜 後10:00)に出演中の城田は、内容や描写が波紋を呼んでいる同作について「いろいろご意見、感想はあると思うが、エンターテインメントの中で、いかにドラマで描けるか…。(描きたいことは)1、2話ではまだ出てきてないので、ストーリー全て見ていただいて改めてご判断していただければ」と呼びかけた。
日本テレビの「明日、ママがいない」の番組ホームページでは、こうした、番組を支持する声のオンパレードだ。一方で、里親や児童養護施設の関係者からは、番組ホームページに「放送してほしくない」「子どもたちを傷つけるので止めてほしい」と投稿したが、載らなかったとする声が相次いでいる。
「赤ちゃんポスト」を設置している熊本市の慈恵病院や全国の児童養護施設の施設長、里親などが「現在、児童養護施設にいる子どもたちが差別されかねない」と「放送の見直し」を求めている日本テレビのドラマ「明日、ママがいない」。
日本テレビのドラマ「明日、ママがいない」の問題がいよいよテレビ局にとってはお目付機関といえるBPO(放送倫理・番組向上機構)に持ち込まれた。
日本テレビのドラマ「明日、ママがいない」。熊本市の慈恵病院や全国の児童養護施設関係者が「放送を見直してほしい」と訴えているが、日本テレビは「放送継続」を公表している。そんななか、慈恵病院がかかわって実母が育てられなかった子どもの命を助けたケースで、その子を特別養子縁組で自分の実子として育てている母親からメールが寄せられた。
日本テレビで1月15日に放送が始まった芦田愛菜さん主演の連続ドラマ「明日、ママがいない」。22日に第2話の放送を控え、1回目が前編、YouTubeで無料配信されている。
一般的に、テレビ局においてはドラマやバラエティなどの番組で、専門的なテーマの記者の与り知らぬところで、比較的いい加減なリサーチのまま、自覚のないままに偏見・誤解を助長するような番組制作が行われるケースはしばしば発生してしまう。
日本テレビのドラマ「明日、ママがいない」に対して、熊本市の慈恵病院が放送中止を申し入れることが、1月16日に明らかになった。「養護施設の子どもや職員への誤解偏見を与え、人権侵害だ」というのが理由だ。
2007年に熊本県の慈恵病院で、「こうのとりのゆりかご」として運営が開始された赤ちゃんポスト。赤ちゃんポストを巡っては、各国でも設置の是非やその問題点が問われている。お隣中国では2011年河北省で第一号が設置された。今後は政府の“嬰児安全島実施草案”に基づき、全国各地で続々と運用が始まる予定で、注目が集まっている。
一九四八年には一二一人の患者を収容した待労院だが、入院者数は徐々に減ってゆく。九六年にはハンセン病の診断を受けた患者に隔離を義務づけて来た「ハンセン病予防法」が廃止され、元患者が施設内に留まる必要は法的にはなくなった。それでも待労院に留まることを希望する入所者が残っていたが、2012年、最後の入所者が同じ熊本県の国立療養所菊池恵楓園に転園、今春に閉所となった。