aparutoheito

1990年代にアパルトヘイトを終結させ、故ネルソン・マンデラ大統領が新憲法を樹立してから20年以上。現在の南アフリカで、黒人と白人はどのように暮らしているのだろうか。
2015年3月、南アの多くの大学で、学生たちの人種差別への抗議活動がかなりの広がりを見せました。
人権では西欧型の考えと一線を引いている国のシンガポールは、批判にさらされることがありますが、民族融合については世界的にうまくいっている珍しい例です。
曾野綾子さん、あなたには、命をかけてこういう現実が来るよう戦ってきた故ネルソン・マンデラさんはじめ多くの南アの人々にどんな説明をするのでしょうか。
2月11日付の産経新聞に曽野綾子氏のコラム「労働力不足と移民」が掲載されました。コラムでは、人種別の居住区を推奨し、移民の労働力を搾取することを提言する旨が書かれていました。
曽野氏の今回の発言は、そうした人種差別撤廃の長年の世界の努力に背き、時代錯誤と感じるのは私だけだろうか。
南アフリカのネルソン・マンデラ。アメリカのキング牧師とローザ・パークス。人種差別と闘った英雄たち。
産経新聞社は14日、同紙に掲載された曽野綾子氏のコラムに人種隔離を許容する内容が含まれているとして、南アフリカ大使から抗議を受けたことを明らかにした。
昨年末に南アフリカのヨハネスブルグを訪れました。ここは「世界一危険な都市」として知られていますが、実際には一般の旅行者がトラブルに巻き込まれることはほとんどありません。
南アフリカ共和国の反アパルトヘイト運動を導いたノーベル平和賞受賞者、ネルソン・マンデラ氏。2013年年12月5日に亡くなったが、今なお20世紀を代表する指導者として多くの人々の心に刻まれている。