arukoruizonsho

「面白い漫画を書くためには、面白い自分でいなくては…」というプレッシャーで飲み続けた結果、アルコール依存症と診断された、まんきつさん。「スリップ」(再飲酒)と隣り合わせの日々とは、一体どのようなものなのだろう。
「味」よりも「コスパよく酔える」お酒を、長い時には7時間飲み続ける。外出自粛中の寂しさやストレスで、大好きなお酒の飲み方が変わってしまったライター・姫野桂さんによる「減酒」の体験記です。
新型コロナの影響で、飲酒量は増えていませんか?アルコール依存症を中心に、依存症問題に取り組んできた斉藤章佳さんに、気をつけるべきポイントを聞きました。
チューハイ「WATTA」シリーズの売上げの約4割を占めていた「WATTA STRONG」。健康志向へのシフトを進める中で1月に生産終了した。
アルコール依存症問題に取り組んできた斉藤章佳さんは、「日常生活が脅かされたストレスへの対処行動として、飲酒量が増える人がいるだろう」と注意を促す。
スーパーボウルのキックオフ前、デミ・ロヴァートさんは10年前のある投稿をシェアした。夢を叶えたロヴァートさんの10年間は、決して平坦なものではなかった。
社会が厳しく彼を制裁したり、嘲笑したりするようでは、田代さんのみならず多くの依存症患者が絶望するのではないかと心配になります。