asadamao

安藤美姫さんが、ソチオリンピック女子フィギュア・ショートプログラムを滑った浅田真央選手を激励した。
ソチオリンピック・フィギュアスケート女子シングルのショートプログラムは浅田真央が、トリプルアクセルの転倒などジャンプのミスが響き、得点は55.51点。16位と出遅れた。キムヨナ(韓国)が74.92点をマークしてトップに立った。
ソチ冬季五輪限りでの現役引退の意向を示しているフィギュアスケート女子の浅田真央(23)は、自身の代名詞であるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で有終の美を目指す。
フィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)の滑走順抽選が17日、「アイスベルク・パレス」で行われ、浅田真央は5組の最終滑走の30番で滑ることが決まった。
国別に争う、ソチ冬季オリンピックフィギュア団体戦の女子ショートプログラムが2月9日未明に行われ、浅田真央選手が登場。64.07を記録し3位だった。
2月6日、開幕式より一足先に、ソチ冬季オリンピックの競技が開始された。フィギュアスケートに出場する浅田真央選手も、現地で練習を開始している。
第22回冬季オリンピック競技大会「ソチ五輪」の開幕を間近に控え、日本人選手のメダル獲得ラッシュへの期待感は高まるばかりだ。そこでオリコンが「ソチ五輪でメダル獲得が期待できる日本人選手」に関するアンケート調査を実施。メダルへの期待が最も高まっている選手はだれ?
日本スケート連盟は12月23日、フィギュアスケートのソチオリンピック代表を発表した。女子は全日本選手権で優勝した女子の鈴木明子選手のほか、浅田真央選手...
フィギュアスケートの全日本選手権は12月23日、ソチオリンピックの最終選考会を兼ねてさいたまスーパーアリーナ(さいたま市)で女子フリーがあり、SP2位だった鈴木明子選手が215.18点で初優勝し、ソチオリンピック代表に内定した...
フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは5日、福岡で開幕し、男子ショートプログラム(SP)では羽生結弦が世界歴代最高となる99.84点を記録し、トップに立った。