autingu

レベル・ウィルソンさんに対する新聞社のアウティング未遂疑惑に波紋。一方、新聞社側はアウティングの意図を否定している。
アメリカには医学生にLGBTについて教える内容をまとめたガイドラインがあるが、日本にはまだないという
兵庫県尼崎市で2019年、「市民にカミングアウトは不適切」と指導し、バイセクシュアルの男性職員が辞職した問題で、新たに男性が部署内でアウティングされていたことが分かりました。
性のあり方を同意なく暴露する問題について書いた、松岡宗嗣さん初の単著『あいつゲイだって-アウティングはなぜ問題なのか?』。本のきっかけとなった事件と、性的マイノリティを被害から守る方法について聞いた。
「自分から言うのが恥ずかしいと思ったから、俺が言っといたんだよ」と上司に言われたと訴える男性。支援者によると、アウティングによる労災申請は極めて珍しいという。
都道府県で初めて、性的指向や性自認のアウティングを禁止する条例が成立しました🙌三重県議会で、全会一致で可決。
豊島区によると、アウティングをめぐる申し立てと、それに伴う行政の措置決定は全国的にも珍しいという。
Xジェンダーだからしょうがないーー。なぜ常にマイノリティの側が我慢しなければならないのか。
ゲイを暴露された学生が転落死した事件の民事訴訟。遺族側の控訴は棄却され、大学側の責任を認める判決にはならなかったが、遺族らは「一つの成果」と受け止めたという。
「大学側の義務違反は認められない」とした2019年2月の東京地裁判決を支持し、控訴を棄却した。