bankoku

地元メディアによると「レストランは閉店していた」
公判中、準警察部隊が裁判所の外に集まった活動家たちを蹴ったり、押したり、引きずったりした。
店主のウィライワンさんは「注文が殺到しすぎて、ボーイフレンドにも手伝ってもらっている」と、売れ行きは至って好調であることを明かしている。
「例外はありません」
日本への格安ツアーに参加する予定だった1000人以上が、タイの国際空港で足止めとなりました。
おかげでおもしろい画面になったけど、これでは本物の公園がどこにあるのか分からない。
9世の時代が終わり、今、10世の時代が始まろうとしているタイです。
タイ社会の抱える不安は解消されておらず、今後も波乱含みだ。激動の恐れもあり、国民は息を殺して国の行く末を見守っている。
嘆き悲しむ国民たちは、国王の肖像画を掲げ、タイの首都バンコクの街角で祈りをささげた。
タイの自動車ショーで、女性コンパニオンたちがノリノリの音楽に合わせて不思議なダンスを踊る動画が「謎の中毒性がある」と、日本のネット上で大人気となっている。
タイ国内高速鉄道建設計画の歴史を簡単に振り返ってみたい。
タイに来てからは、そもそも自分がゲイとか何だとか"ラベル"を付ける事すら忘れている自分がいました。
45歳にしてライフ誌に特集されるほどの有名作家であった三島由紀夫。ある意味で彼に引導を渡したのは私かもしれない。
高速鉄道発注競争、次はタイ。日本が勝ち取るために必要なことは。
毎年9月30日は「世界翻訳の日」です。記念して、ある一人の翻訳家をご紹介します。日本を愛してやまないアメリカ人、ダニエル・ペンソさんはなぜ日本に惚れたのか......