banuatsu

きっかけはFacebookのキャンペーンページだった。
バヌアツの医療事情最終回。幸せは何かという「ぶれない価値観」と日本とは違う「幸福感」があることを学びました
性感染症治療では検査を行うことがないので、患者さんが自分の症状を正確に伝えてくれるかどうか、がとても重要です。
バヌアツでは性教育を学ぶ機会がないので、不妊カウンセリングは「妊娠の仕組み」を説明するところから始まります。
「子どもは私たち全員のもの」という考え方と大らかさが、養子縁組という課題を解決しているような気がします。
バヌアツでは、移動中の飛行機など病院に向かう途中で「生まれちゃった」ケースもたくさんあるのです。
バヌアツでは子どものことを「私達全員の子ども」と言います。
いろんなことをすっとばして「いきなり子供ができて、とりあえず一緒にいて家族になる」って感じでしょうか。
Voloshinskiyとチームは、今の銀行に災いをもたらすかもしれない。NextBankは、初めての、bitcoinによる、bitcoinのための、銀行だ。