baruserona

SNSで拡散された動画は、バルセロナが2019年にツアーで日本を訪れた際に撮影されたものだった。
新型コロナのつらい期間を乗り越え、ある大切な視点を伝えたかった
性別に基づく差別は禁止されているにもかかわらず、一部のプールでトップレスの女性たちが差別されているとの苦情を受け、バルセロナ市側が調査を実施していた。
アントニ・ガウディの名建築で、世界遺産として知られるサグラダ・ファミリア。2026年の完成を目指し、市側に460万ユーロ(約5億6000万円)を支払うことで建築を許可したことを明らかにした。
6月の国際親善試合でゴールを決めれば、日本代表の最年少ゴール記録を大幅に更新することになる。
決勝戦は6月1日、トッテナム(イングランド)とアヤックス(オランダ)の勝者と対戦する。
バルセロナ市と教会の主張が対立していましたが、ついに決着が付きそうです。