bebishitta

今回の事件によって、再び「子どもの世話はいつ何時も親が見るべき」という考えが広がってしまうことに危機感を覚えている。
性犯罪の確率を減らすために男性シッターを排除することは、解決策にはなりません。根本的にすべきことは、質の管理にお金と人をかけることです。
小学校や保育園の休校・休園が長引き、ベビーシッターの利用が激増するなか、元ベビーシッターの男性が強制わいせつ容疑で逮捕されたとの衝撃的な報道が飛び込んできました。
助成額が利用者の雑所得になるため、使うほど所得税などが高くなることに疑問の声が上がっている
警察から電話を受けた両親は不信感「一緒にいるだけで質問?」
1人の保育者が1人の子の面倒を看る形の居宅訪問型保育に目を向ける保護者も増える可能性が高い。
「『生きるか死ぬか』以外で『保育の質』が問われないのは寂しい」
私たちは今回の実験で、『ママになっても営業できるかも!』と気づくことができたのです。絶対に無理だと思っていたのは固定観念だったと分かりました。
とにかくこの顔を見てほしい。