bijutsu

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、展示スペースなどを縮小。入場は時間指定の予約制とし、人数を制限した状態で公開となる。
「良い・悪い」、「好き・嫌い」、そして、「美しい・醜い」、の判断基準って何だろう?
理想像は悪ではありません。理想とは、個人が最も望ましいと感じられるものです。
私たちVS?Collectiveは、CSLABと共に/にて、「オルタナティブ・オープンキャンパス」を共催した。
車は、ジョアン・ミロが、歓迎のシンボルと未来へ開かれた扉をイメージして作ったモザイク画の上で暴走を終えた。
まとめて観ることのかなわなかったこのコレクションが、2018年、「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」展として来日する。
私は、ブラックボックス展騒動に「アート無罪」という言葉を思い出した。「アートのためなら、何をやってもいい」と考える一部のアーティストに対する批判を込めた言葉だ。
草間芸術はどうやって生まれたのか。これまでの歩みから探ってみよう。
作家が最初から「違う世界の人間」と思われている世界では、メッセージは届かない。
イギリス人のアーティストが、切り絵の独特なテクニックを極め、普通の紙から驚くほど繊細な作品を作り出している。
フランスの現代美術家、クリスチャン・ボルタンスキーの展覧会「アニミタス−さざめく亡霊たち」が9月22日、東京都庭園美術館(港区)で開幕した。庭園美術館は、1933年に朝香宮邸として建築されたアール・デコ様式の絢爛たる建物。歴史の舞台となった旧朝香宮邸で、国際的なアーティストがそこに住まう「亡霊たち」の声に耳を傾けてみたら……?
現代アーティストの草間彌生が、童話作家ハンス・クリスチャン・アンデルセンの「人魚姫」の夢のような挿絵を描き、彼女特有の白黒の模様が、薄暗いおとぎ話に命を吹き込んだ。
「風神雷神図屏風」や「紅白梅図屏風」などの名作を描いた江戸中期の画家、尾形光琳の死から7月20日で300年を迎えた。波乱に満ちた生涯を、画像集とともに振り返る。
ノーランド、草間、シャーマン…が集結しました。
ピカソなどのアーティストも、猫を題材にした傑作をつくった。