防災

災害時、空を飛べる小鳥と一緒に避難する方法は?警視庁災害対策課が発信しました。
農林水産省が紹介する防災ライフハック。水の使用も最小限に抑えられます。
震災を経験した保護者や教育関係者から「特性のある子どもに本当に必要な準備・対応」を聞き取ってまとめた『発達障害の子の命と心を守る防災・支援BOOK』が無料で配布されています。
「ナプキンは一日一枚ずつで足りる」災害が起きるたびに浮き彫りとなる、生理用品の備蓄不足と知識の乏しさ。一回の生理で使うナプキンの量はどれくらいなのだろうか。
黄砂や雨で室内干し。早く乾かすライフハックを警視庁が発信しました。
栃木・埼玉両県で最大震度5弱を観測する地震がありました。
冬だけでなく春も乾燥と強風で火災が発生しやすい季節。注意を怠ってはいけません。煙から身を守る方法をご紹介します
災害に備え、今できることをしておきましょう!役立つ、水の汲み置き方法を紹介します
2つの震災から新たな防災知識を。岩手日報が、東日本大震災と能登半島地震から得た37の教訓をまとめました。
東日本大震災や直近の能登半島地震でも問題となった、避難所で暮らす人々の健康問題。日頃から、非常食・サプリメント・携帯トイレの充分な備蓄が求められています。