防災

少量の水で衣服を洗濯する方法とは……?警視庁災害対策課のライフハックが話題
ペットボトルなどを運べるリュックサックがないという時でも、ズボンとネクタイがあれば大丈夫。貴重品を持って移動する時にも安心です。
警視庁の「折るだけでお菓子の袋を閉じる」方法が話題です。
ハフポスト日本版の過去の取材に「この写真や安井運転士の体験を通じて震災の体験・記憶を風化させないために、語り継いでいくことが使命」と訴えた。
穴のあいた靴下。捨てる前にある工夫をすれば、手首を保温できる「あるもの」に変身します。
能登半島地震発生後、兵庫県のテレビ局「サンテレビ」が多言語で津波からの避難を呼びかける動画を発信。動画の発起人、藤岡勇貴さんの阪神・淡路大震災の経験や動画を発案した思いを聞きました。
警視庁災害対策課が「新聞紙でスリッパを作る方法」を発信。災害時に避難所で生活する際に役立ちます。
給水車の水をペットボトルに入れる時、ホースや蛇口が大きい場合があるそうです。対処法を警視庁が発信しました。【能登半島地震】
能登半島地震の被災地では車中泊を続ける被災者もいます。「エコノミークラス症候群」にならないための「足の指」の運動を、警視庁が公開しました。
長期保管されたカセットボンベはガス漏れが発生する可能性。防災備蓄品としても推奨されていますが、能登半島地震受け、国民生活センターが注意を呼びかけました。