bunka

【加藤藍子のコレを推したい、第7回】脚本家・坂元裕二の最新作「花束みたいな恋をした」は、人間と人間が「不透明」なまま一緒にいるための「文化」の可能性を、詰め込んでいる。
文化庁によると、「障碍」と「障害」は、明治以降の一般社会でほぼ同じ意味で使われていた。
「スタジオ地図」の設立から10周年を迎える2021年に公開される本作。中身はまだ秘密のベールに包まれている。
新型コロナウイルスの感染拡大で休業中だった劇場などの再開に向けたガイドラインは、予想以上に厳しいものだった。
「Zoom飲み会」や「オンライン演劇」「無観客公演」などの新しい動きが出てきているが、「アフター・コロナ」の文化はどうなるのか。ゼロ年代、2010年代の文化の潮流を振り返りつつ、これからの文化について考えてみたい。
「自由のない、独裁の日々――。確かにそれは、芸術や文化の自由が、ここまで高く評価されるようになった要因の一つではあるでしょう」。
ぼくが影響を受けた本を、6冊ご紹介します。読めば世界の見え方が変わる、ステキな本ばかり…!
時間に対する感覚や考え方は国によって違う。グローバル社会において日本企業がさらに活躍するためには、相手の文化やしきたりも理解するべきだろう。
選手のタトゥー(入れ墨)をめぐる話題が世界で論争を巻き起こしている。