chariti

ネットを席巻したあのサンダース氏の姿が、今度は食べ物に困っている人を助けることになりました
キアヌ・リーブスさんと1対1でZoomトークを実現できる権利が、オークションに出品された。収益は全額、小児がんの支援団体に寄付される。
休校や外出自粛でコロナの影響を受ける子どもたちへ。著名人74人がオンラインで物語を届けるプロジェクトが始まった。
新型コロナの支援活動の一環で、プロデュースは滝沢秀明さんが手掛ける。歌詞の一部も公開された。
イギリス王室の公務から引退したばかりのふたり。チャリティー活動へのサポートを始めています
「大好きな日本の皆さんに分かってほしい」。Twitterを通じて、問いかけました。
東日本大震災のチャリティー活動に熱心な羽生選手が自ら監修したLINEスタンプも…
ファッションを通じて何かできることはないか。
「考えて何になるというのだろう。考えたって悲しくなるだけだ、母が帰ってくるわけじゃない」そう思ったけれど……。
熊本城が元の姿を取り戻しつつあっても、それは熊本の現状を切り取った一部に過ぎません。現地を訪れ、自分ができることをひたむきに続けていきます。