chiiki

太陽住建が手掛ける体験型空き家活用事業「solar crew(ソーラー・クルー)」。約40年間放置されていたという空き家は、どうやって地域に馴染み、愛着を持たれる空間になっていくのか。
視点を変えれば世の中は変わる。Rethink PROJECTの取り組みの1つである「Rethink Creator PROJECT」が行うクリエイターコンテストにて、地元の魅力を発信するポスターから優秀作品が表彰された。
PRESENTED BY Rethink PROJECT
地元で約30年ドーナツを売り続けた夫婦を、地元住民が応援している。
GDPが成長し続けることは「必要」だが「不可能」と回答した人から多く挙がった理由は…
大都市が画一化していく中、文化的背景の色濃い地方から発信される価値こそが、これからの武器になっていくのではないでしょうか。
在宅診療で緩和ケアに取り組んでいる小澤竹俊先生。医療従事者だけでなく、誰もが看取りに関わることができることを目指して、看取りに関わる人材育成に取り組んでいます。
女性と子供とジャンルは違えど「人の居場所を作る」「人を輝かせる」という意味で共通しています。
看護師の職場は、病院だけじゃないんです。
上位争いは、浦和レッズが年間勝ち点を74に伸ばし、年間1位を果たした。
日本の子どもの自己肯定感の低さは、この国の将来に大きな不安を投げかけています。
投票は5分あればできるし、紙に書いて、投票箱に入れるだけの単純な作業だが、そこに至るまでの壁は意外と高い。
Googleは、東日本大震災で被災した地域のストリートビューを更新したことを発表しました。
千葉県浦安市にある公立小学校でPTA会長を務めてきた川上さん。いかにしてIT化を進めたのか?PTA活動はどう変わったのでしょうか?お話を聞かせてもらいました。
2015年は「水素社会元年」と言われています。水素がどこから来るか、みなさんは考えたことがありますか。
子どもたちに、大学生、お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんまで。
「名古屋わかもの会議」は、愛知県を中心に高校生から大学生約20人で構成され、次世代を担う若者に当事者意識を持つきっかけを提供しています。
医療職と介護職の活発な交流がお互いのスキルを高め、医療・介護の質を向上させると考える家庭医の田中公孝先生は、介護職の方々との交流を積極的に深めています。なぜそのような考えに至ったのかを伺いました。
愛知県知多市内に、住民らが開設し自ら運営する常設型のサロンがある。「南粕谷ハウス」は誰でも自由にお茶を飲んだりランチを食べたりすることができる居場所。