chikatetsusarinjiken

兄・一雄さん「何の落ち度もない妹が亡くなったが、幸子が悲しまないよう前向きに生きていきたい」
オウム真理教元幹部6人の死刑が執行されたことを受けて会見
7人同時の執行については、「少し意外という印象も持った」という。
選挙での敗北後、教団の武装化が進んでいきました。
教団の信徒らは現在、3団体に分散して活動している。
地下鉄サリン事件について首謀者と認定された点にも疑問が残るという。
ジャーナリストの江川紹子さんは「『共謀罪があれば、地下鉄サリン事件は防げた』という声を耳にするが、それは間違いだ」などと語った。
13人が死亡、6千人以上が負傷した「地下鉄サリン事件」から20日で22年になるのを前に、被害者や遺族らが19日、東京都内で集会を開いた。
20日、オウム真理教による地下鉄サリン事件から21年となり、多数の駅員や乗客が巻き込まれた東京・霞ヶ関駅では遺族や駅員が黙祷、犠牲者の慰霊式が行われた。