chugoku-keizai

本年10月以降、日中関係改善が加速し、日本企業のビジネスチャンスは一段と拡大しようとしているが…
東海大学の葉千栄教授はハフポスト日本版の取材に応じ、中国の景気減速について、「日本のメディアは騒ぎ過ぎている」と指摘。中国株については「実際の企業業績を上回る水準で株価が上昇してきたため、適正な水準に戻るのは当然」との見方を示した。
中国株の急落や人民元の切り下げをきっかけに、リスクマネーの逃避圧力にさらされ、変調をきたすマーケット。背景には何があるのか。みずほ銀行国際為替部チーフマーケット・エコノミストの唐鎌大輔氏に話を聞いた。
いま中国で起きていることは「山一破綻」のようなバランスシートの問題であって、単に景気が悪いという問題ではありません。
いまドイツが空気を読むことをしないと、ちょうど1987年に彼らがブラック・マンデーの引き金を引いた時と同様に、ドイツが世界同時株安の悪者にされるかもしれません。
しかしここ数年、国家の繁栄と衰退の要因を考える書物が再び相次いで出版されている。例えば、「国家はなぜ衰退するのか」などがある。
東アジア・大洋州地域の経済成長は、原油安と先進国で続く景気回復の恩恵を受けはするものの、今年はわずかに減速するだろう、と4月13日に発表された世界銀行の「東アジア・大洋州地域 半期経済報告」は指摘する。
中国企業が海外で初めて請け負ったトルコ高速鉄道のアンカラ―イスタンブール間が正式開通したが、トルコ首相が乗った一番電車でトラブルが発生。車内に30分間閉じ込められた。
中国政府の汚職撲滅運動の影響で、大型の公共事業の認可を遅らせたり、早期退職を願い出る者も出ている。
EU商工会議所が会員企業を対象に行った調査によると、全体の半数近い46%の企業が中国の「黄金期」は終わったとの見方を示した。