気候危機

環境や人に配慮したホテル「GREAT MORNING」に宿泊。自家製のハーブティーやオリジナルのパジャマなどこだわりいっぱい。
ハフコレ編集部
記事の最後には、みんなでつくった「エコなキャンプのアイデアリスト」を掲載しています。ちょっとした工夫で、自然に優しく、自分も楽しいキャンプをしませんか?
PRESENTED BY 三ツ矢サイダー
削減すべきとわかっていても、便利でなかなか手放せない使い捨てプラスチック、これからどうする?WWFジャパン「プラスチック・サーキュラー・チャレンジ2025」に参画した3社が語り合った。
NO YOUTH NO JAPANのメンバーが、世界のU30世代をインタビュー。日本国内のU30がアクションを起こすためのヒントを探っていきます。第1回は、史上最年少で欧州議会議員に当選したキラ・マリー・ピーター・ハンソンさんにお話を聞きました。
5月25日は「アフリカの日」(アフリカデー)。アフリカにおける気候変動の危機に、日本が無関係ではない理由とは?
脱炭素とセットで考えるべき雇用の問題。気候ネットワーク理事であり、今年新たに一般社団法人Climate Integrateを立ち上げ、“公正な移行”の議論の後押しをしようとしている平田仁子さんに聞いた。
私たちの「食」を支えてくれている生産者たちは、気候変動を肌で感じています。生産現場に何が起こっているのでしょうか。
研究に基づいて提案された6つの行動で、より良い地球になるよう貢献しよう。
4月20日からリサイクル素材を使用したコースターや繰り返し使えるビーンバッグなど3つのグッズが販売されます。
イギリスの朝番組で、Netflix映画『ドント・ルック・アップ』のワンシーンを再演したかのようなやりとりがり話題となっている。