daiichijisekaitaisen

最近、東京の街頭に旧日本軍のコスプレをした若者たちが登場し、メディアで話題になっています。経済や政治の歴史の観点からすれば、低成長が常態化し、格差が固定化する様相を呈している今日の状況で、ナチズムのような考え方が復活しつつあるのは驚くに値しません。そこで簡単にナチズムの台頭した背景と、当時の経済や政治の状況を振り返ってみることにします。
南シナ海の石油リグを巡ってベトナムと中国の間で小競り合いとなっています。両国とも共産党による支配なので(仲良い筈では?)と思ってしまうのですが、歴史を振り返ると両国は抗争を繰り返してきました。
私がこの提案を行うのは初めてではない。2005年8月、米ウォールストリートジャーナル紙オピニオンページに歴史和解を最終確認する儀式を提唱して以来、ほぼ毎年、同じ主張を続けている。
ダボス会議に出席した安倍首相の、第一次世界大戦前の英独関係をめぐる発言について、多数の海外メディアが批判している。海外メディアが安倍首相の発言を批判する背景には、安倍首相が問題解決に本気に取り組んでおらず、他国ばかりを非難して、自己満足的な行動を起こしているとの見方がある。
ハフィントンポスト各国版11月12日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。カナダ版では、アフガニスタン従軍中にアメリカ軍の誤射で瀕死の重傷を負ったにもかかわらず、生涯補償がわずか200万円しか支払われなかった退役軍人の告白を紹介しています。