dakota-akusesu-paipurain

居留地の先住民たちにとっては懸念が的中する形となった。
今後も石油パイプラインに対する破壊行為が行われるのではないかという懸念が強くなっている。
「先住民の権利を認めよ。私たちは存在する。私たちは抵抗する。私たちは立ち上がる」
23日午後2時、抗議デモ参加者はキャンプから完全に排除された。
彼らは、オセチ・サコウィン・キャンプに何百ものテントやその他の建造物、そして有害になるほどの量の汚物をキャンプに置き去りにしていった。
「沿道を埋め尽くしている熱狂的な支持者たちについて、フェイクニュースのメディアは一言も触れない」
最終区間は30日以内に完了できる見込みだと述べた。
「この闘いは終わりません。新たな闘いの始まりなのです」
「アメリカよ、目を覚まして。アメリカを縦断するパイプラインが、建設されようとしている」