datsugenpatsu

枝野氏は自身の政治スタンスを「リベラルであり、保守である」と語る。
「日本のメルケルになって、原発ゼロを実現してほしい」
国民戦線のマリーヌ・ルペン率いる極右勢力との闘争に勝るとも劣らず「難題」とされているのが、エネルギー・電力問題。
グローバルからローカルまで、独断と偏見で振り返ってみたいと思います。
日本が脱原発に舵を切れない理由は、「原発護持派が強すぎる」のではなく、野党が「脱原発で結束できない」という点にあります。
5基の原発の運転停止時期を早めることの是非を問う国民投票が実施されたが、否決された。
2012年11月末から森の中で、水道、電気、ガスのない自給自足の生活を始めた。
約5年間にわたって、経産省の敷地内に市民団体が設置していた「脱原発テント」が8月21日未明に、東京地裁の執行官によって強制撤去された。
「日本版バンクシー」とも呼ばれる男は、なぜ渋谷の路上で反原発のストリートアートを続けるのか。インタビューで直撃した。
2011年9月から約5年間にわたって、経産省の敷地内に市民団体が設置している「脱原発テント」が強制撤去される見込みになった。
"原発40年規制"は、科学的根拠のない「政治的な空気」で決められたもので、日本国内で使われるべき数兆円規模の巨額の国富を徒らに海外流出させてしまうようなルールだ。
「現在のところ、原子力規制委員会は停止させる必要はないと判断している」
大切なのは、遠く離れたところから「福島を救え!」と叫ぶことでも、被ばくの事実を取り上げ、「政府がなんとかしろ!」と政権を糾弾することでもない。