denryokujiyuka

三年ごとに見直しするはずのエネルギー基本計画の見直しスケジュールはどうなっているのかと尋ねても、さっぱり要領を得ず。
グローバルからローカルまで、独断と偏見で振り返ってみたいと思います。
電力の自由化、2016年4月から始まると思っていませんか?
FITは、再生可能エネルギー全量固定価格買い取り制度を意味する。5種の自然エネルギー(太陽光、風力、中小水力、地熱、バイオマス)でつくる電気を買い取る制度だ。
全面自由化と言いつつも、不可解で不自由なルールが多数残存する可能性が極めて高い。
ドイツは1998年、電力市場の自由化と同時に再生可能エネルギーについて固定価格買取制度を導入した。
社会が今後どのような電気を選んでいくのか。いま、真に選択が問われる段階へと入ろうとしています。
全ての小売電気事業者が、全ての消費者に対し、適切かつ十分な説明を果たすべきと考えられます。
世界史的にも最悪級の未曾有の原発災害となった東京電力福島第一原発事故から4年目の「今」を俯瞰して、地域からのエネルギー変革を提案します。
経済産業省は4月21日、総合資源エネルギー調査会の原子力小委員会を開き、電力自由化後も原発で発電した電気に価格保証する制度の導入や、廃炉による経営への影響を緩和する会計制度の見直しを提案した。