dentobunka

時代の波にビクリとも動揺することなく、信じる心を胸に生きる京都の民衆の豊かさがここにある。
「文字を書く」というシンプルな行為に精神性を求め、文化にまで昇華させたのが、他ならぬ書道だ。
食料としてクジラを捕獲するのは、屠畜場で牛を殺すのと全く違うと言えるのか?
最初は「使われなくなった下着=ふんどしを現代風に作り直す」という、明らかに合理的ではない選択をした自分自身を疑問視した時もありました。
日本を素材に新たな価値を作り出しているふたりが、21世紀における日本の可能性について話し合いました。
「伝統」を守るためにこそ、「伝統」にも厳しい目が必要、私はそう思います。
和えるの店舗に展示・販売されるのは日本の技術とアイディアを掛け合わせて作られた幼児向け商品の数々。なぜ今、日本の伝統産業で幼児向けの商品を生み出しているのか。
保津川(桂川)は、京都の観光名所の1つ。ここに流れ着くごみはどこから来るのか?
PRESENTED BY AQUA SOCIAL FES!!
日本の伝統文化を身近に感じたい、伝統工芸を生活スタイルに合わせてリデザインしたり実際に作ったりしてみたい、そんなニーズが高まっています。
テンポのよい舞台、華やかな衣装、光と音が織りなす幻想的な演出に息をのみ、釘付けとなります。「杜の賑い」は、伝統芸能の継承や地域活性化を目的としているJTBのオリジナルイベントです。
PRESENTED BY JTB交流応援隊