detajanarizumu

Journalism++が実際に作成したウェブサイトは、データを可視化してユーザーの利用しやすさを高めた、いい事例である。その一部を紹介しよう。
今、必要なものは、世界で新しい価値を創ることができる、コンピテンシーを伸ばすことではないだろうか。
放映権の高騰という話がありましたが、今後も上昇しますか?
Buzzfeed日本版が、2016年のウェブメディアの進路を占う試金石となることは間違いないだろう。
ビッグデータを持っていて、それを分析することは、いずれどの企業や団体も可能になってくるでしょう。
「ファーストドラフト同盟」というグループが、18日にブログプラットフォーム「メディアム」上で立ち上がった。
さまざまな社会課題をビッグデータによって可視化、分析する取り組みが進んでいる。NHKスペシャルでは「震災ビッグデータ」、「医療ビッグデータ」という特集を放送、大きな反響を呼んだ。両番組のディレクターである阿部博史氏にお話を伺う。
欧米のメディアではネットのコメント欄を閉鎖する動きが相次いでいる。一方、ガーディアンは、先月末に正式版を公開したサイトリニューアルで、コメント欄をコンテンツの一つとして目立たせるなど、読者参加の姿勢を明確にしている。
日本ジャーナリスト教育センターが主催する「ジャーナリズムイノベーションアワード」というイベントが開催される。"イノベーション"と呼べるような次世代を切り開くジャーナリズムの事例を集めて、みんなの投票でアワードを決める、という趣旨だそうだ。
世界中の報道メディア機関の編集者ネットワーク 「Global Editors Network(GEN)」が主催する「Data Journalism Awards 2014」の受賞事例を紹介します。