dopingu

「ロシア国旗なしで五輪に出場するという選択肢を受け入れられません」とも語った
条件を満たせば個人の資格で参加することはできるが…。
タレントの武井壮さんが、ロンドン世界陸上の男子100メートルでジャスティン・ガトリン(米国)が優勝したことに疑問を投げかけている。
覚醒剤取締法違反の罪で有罪判決が確定した元プロ野球選手の清原和博氏(49)が、現役時代に「グリーニー」と呼ばれる興奮剤を使用していたことを告白した。
スポーツとして競技自体の存在価値が揺らぎかねないからだろう。
ロシアのハッカーが暴露した個人情報に、バイルズの服薬の情報が記載されていた。でもそれは..
組織的なドーピングで非難を浴びるなど、国際社会で孤立を深めているロシア。そんな苦しい立場にあるロシアに8月、小泉元首相の秘書官として有名な飯島勲氏の姿があった。