doseikon

東京地裁は、原告に「特定活動」という在留資格を与えなかった国の対応は「客観的には違法」だとする見解を示した
子どもを育てるLGBTQ当事者が増えている実情も踏まえ、「パートナーと一緒に親権者になることができない」「子どもを作るための生殖医療を受けられない」といった困りごとを紹介しています。
連綿と続く日本の「組織選挙」。社会の変化とともにさまざまな組織が弱体化するなか、いまなお生き延びている強固な組織、それが宗教団体だ。政治家はその選挙支援に依存してきた。
「諦めていたものが当然のように手にあるとじんわり嬉しいよね…」といったコメントが寄せられています。【2022年上半期回顧】
作者のしんらしんげさんは「自分自身も固定観念で気づかないようなものがあって、人が持ってる固定観念を利用して作品を作ろうと思いました」と語っています。
「私たちはずっと家族として暮らしてきている。実態に合った法律が欲しい」
2019年2月に始まった「結婚の自由をすべての人に」東京第1次訴訟。地裁での最後の意見陳述で、原告たちが訴えたこととは
「同性同士の結婚を認めないのは違憲」という判決から1年。20人の原告たちが、国会議員にアクションを起こすよう求めました
ケリー・ハリントン選手は東京五輪のボクシング女子ライト級で金メダルを獲得。自身のTwitterにパートナーとの素敵な写真を公開しました。
「同性愛」をエイプリルフールのネタにすることは何が問題なのか?fairの松岡宗嗣さんは「マイノリティの特性を一方的に利用し、消費していると言わざるを得ない」と批判します。